線維筋痛症は初期症状でも専門病院,薬,漢方薬でも治る事がないチェックの困難な難病だが天啓気療なら線維筋痛症でも治るだけでなく完治も,東京,東京専門,東京都,東京都内,東京都大田区大森西
 
 線維筋痛症も天啓気療により容易に改善する 

 線維筋痛症(線維筋痛症候群)の原因及び症状の改善例 

                                                                                                                                                                                                               
線維筋痛症であっても完治改善の効果を実感できるサイトマップ
線維筋痛症であっても完治改善の効果を実感できる
気功療法,気功治療,エネルギー療法に優る効果と実績の天啓気療院
線維筋痛症は改善する,北沢勇人より挨拶
線維筋痛症は改善する,天啓気療の能力を発揮できる
線維筋痛症は改善する,天啓気療で改善及び期待できる事
天啓気療とはどのように実施する、その時どのような感覚にて変化する
線維筋痛症は改善する,病気にならない為の教訓とは
線維筋痛症は改善する,天啓気療の体験談集
天啓気療は線維筋痛症であっても改善する
線維筋痛症は改善する,天啓気療の能力と気功の違い
線維筋痛症は改善する,病気の原因及び改善する病名
線維筋痛症は改善する,天啓気療を受ける理想の間隔
線維筋痛症は改善する,好転反応と思われる現象
線維筋痛症は改善する,お客様の質問に対する回答
線維筋痛症は改善する,天啓気療が気功を始めあらゆる癒しに優る訳
線維筋痛症は改善する,優れた治療師か見分ける方法
線維筋痛症は改善する,天啓気療が初めてで不安を感じる方へ
線維筋痛症は改善する,北沢勇人のプロフィール
線維筋痛症は改善する,私の病気体験から学ぶこと
線維筋痛症は改善する,自律訓練法について
線維筋痛症は改善する,書籍の刊行について
線維筋痛症は改善する,体験談日誌(ブログ)-2
ランディングページ 
 

スマホの方はこちら

 天啓気療で線維筋痛症(線維筋痛症候群)が改善するなどと聞かされても素直には信じられない方が多いものと思います。何しろ、線維筋痛症(線維筋痛症候群)に悩んでいる本人は勿論、家族の方々も、そして、医学に精通する医師であっても、改善や正常な状態に近づくことなどあり得ないものと信じています。そのことは、他のホームページの内容などからも容易に推測できます。

 線維筋痛症(線維筋痛症候群)の場合、医学的には勿論、一般的にも改善の見込みは全く期待できないものとされています。しかし、私の実施する天啓気療によって、素晴らしき改善と言うか正常の状態に近づく現象が現われているのも事実なのです。確かに線維筋痛症(線維筋痛症候群)の場合、一般的な常識では改善など考えられないと言われています。だからと言って、簡単に諦めてはならないのです。何故なら、私のような常識では全く考えられないような能力を発揮する者も現実に存在するのです。

 私は、チャクラが覚醒しクンダリニーが上昇してから、長年に渡り手をかざすことによる天啓気療を実施してきた。その中で心に残る改善例の中に線維筋痛症(線維筋痛症候群)の患者の例がある。何故心に残っているかと言うと、天啓気療を受ける前から体全体が痛い為帰りが心配である、と、何度も何度も述べていたからなのです。

 私もこの方が脳性小児麻痺で悩んでいることは、以前に天啓気療を受けに来た方から聞いていて知っていた。しかし、線維筋痛症(線維筋痛症候群)にて悩んでいたことは知らなかったのです。その後、この方が、悩んでいた病気が改善したと、普通では考えられないほど喜んでいたのです。そこで私は、様々な病気などにて悩んでいる方が大勢いる。その方々に対して私の能力を正しく理解して頂くためには、改善した方の体験談が必要なので書いては頂けないかと、頼んだのです。

 そして寄せられた体験談の中に、脳性小児麻痺であり、更に線維筋痛症(線維筋痛症候群)にて悩んでいたことが分かった。そして線維筋痛症(線維筋痛症候群)の病気とは非常に大変なことであると初めて知った。確かに、以前のニュースで、あるテレビ局の女子アナウンサーが自らの命を絶ったことは知っていた。その時、線維筋痛症(線維筋痛症候群)の激痛とはどんなものなのかと思っていた。その激痛のある病気と同じだったのです。

 ところで線維筋痛症(線維筋痛症候群)の場合は、赤線枠内に記載してある内容、線維筋痛症(線維筋痛症候群)の定義、症状、診断方法、原因、経過、治療薬などについては当然のように理解されている。この内容を検討してみると、大変な事柄であり、完全なる改善の見込みは期待できないことである。と解釈できる。しかし、私がこれまでに行ってきた「天啓気療」による治療体験の内容を検討して頂ければ、明らかに変化することに納得して頂けるものと思う。
 
 

 線維筋痛症(線維筋痛症候群)とは?

 線維筋痛症(線維筋痛症候群)とは、全身的慢性疼痛疾患であり、全身に激しい痛みが起こる病気です。

  症状

 全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いようです。痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。

 痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、重症化すると、軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、自力での生活は困難になります。

 随伴症状として、こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、自律神経失調、頭痛、過敏性腸炎、微熱、ドライアイ、記憶障害、集中力欠如、レストレスレッグス症候群などが伴う事もあり、症状は個人差があります。

 中には、リウマチや他の膠原病を併発する人もいます。痛みによって不眠となりストレスが溜まり、それがまた痛みを増強させる場合もあると考えられております。死に至る病ではありません。

 線維筋痛症(線維筋痛症候群)は男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気です。そのため自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴などど他の病気と診断されることも少なくありません。現在人口の1.66%、約200万人いるのではないかと疫学的に発表されております。

       
 診断方法

 線維筋痛症(線維筋痛症候群)は明確な診断基準はなく、現段階では1990年に発表されたアメリカリウマチ学会の分類基準を参考にしています。全身に18箇所の圧痛点があり、4kgの力で押し11箇所以上痛く、また広範囲の痛みが3ヶ月続いていることが条件。11箇所以上でなくても専門医の判断で線維筋痛症(線維筋痛症候群)と診断されることもあります。他の病気があっても線維筋痛症(線維筋痛症候群)の診断はされません。また、検査をしても異常がないのが特徴です。

 血液、レントゲン、CRPという炎症反応、筋電図、筋肉の酵素、CT、MRIを検査しても異常がなく、線維筋痛症(線維筋痛症候群)と診断できる検査がありません。そのため患者の多くは診断されるまで、何箇所もの医療機関を何年にもわたってまわり続けることになってしまうのです。

       
 病因

 線維筋痛症(線維筋痛症候群)の原因はまだ未解明です。アメリカでは、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり痛みを増幅させているのではないかと考えられているようです。が、はっきりはしておりません。また、肉体的・精神的ストレスや事故、手術等が引き金となって発症するのではないかとも言われおります。
       
 治療薬

 線維筋痛症(線維筋痛症候群)の薬には特効薬はまだなく、普通の痛み止めが効かない場合が多く、脳内の痛みをコントロールする作用がある向精神薬を服用することが主流となっております。患者は精神的な病になっているのではなく、薬の痛みをコントロールする作用を期待して服用しています。

       
 その他

 線維筋痛症(線維筋痛症候群)は日本において社会保険診療報酬制度に入っていないため、保険適用外となっております。医者が随伴症状で保険を適用させているのが現状です。また、検査しても異常がないことから、多くの患者は「詐病」「怠け病」と見られ辛い思いをしてます。が、線維筋痛症(線維筋痛症候群)は「怠けることができる人はならない」と言われてます。

 

 脳性小児麻痺,線維筋痛症  女性 30歳代

脳性小児麻痺及び線維筋痛症(線維筋痛症候群)に悩んでいた方から天啓気療の体験談が届いた。脳性小児麻痺や線維筋痛症(線維筋痛症候群)などに悩んでいる方がおりましたなら、是非お役立て下さい。また、実名の公開の了解も得ていますが、ここには、仮名と致しました。なお、直接この方のお話を聞きたいは、遠慮なく私の処へご連絡下さい。

北沢先生殿

『脳性小児麻痺』『線維筋痛症(線維筋痛症候群)』体験談になります。

 私は、生まれつきの脳性小児麻痺です。

 今までは、健常者と同様普通に生活をしておりましたが、5、6年前から全身に激痛を伴うようになりました。

 仕事もできず、風が体に触れる、呼吸するだけでも激痛が走り、不眠症、食欲不振の生活を送っておりました。

 それからというもの、『脳性小児麻痺』についていろいろ調べた結果、年齢とともに大変な障害であるということを知りました。知識で知った不安、恐怖感の上、現実に起こっている進行状況に戸惑いを隠せませんでした。

 大阪、名古屋、東京と有名な病院へ行きましたが、いろんな検査をしても異状なしと言われ門前払いでした。病院めぐりも、3年経った頃ある病院で、『線維筋痛症(線維筋痛症候群)』ではないかと診断を受けました。(私の場合、『脳性小児麻痺』もあるので進行がどこまで進んでいるかわからないということでした。)

 『線維筋痛症(線維筋痛症候群)』も厄介な病気で当時は、日本の医者もほとんど知る方はいませんでしたし、どんな検査をしてもひっかからない=治療法がないことで自殺者が多いとのこと。

 現在は、元○○○○○アナウンサーの報道で全国に病名が知れ渡ることができましたが、痛みが完全にとれたという人はいないかと思います。

 初めて北沢先生にお会いしたときは、暖かいエネルギーに包まれ体がポカポカしました。『脳性小児麻痺』ということもあり全身が激しく動きましたが、治療中に痛みが軽減したので、北沢先生がおっしゃっていたことは本当だと思いました。私は、3度目の治療で痛みが全くなくなりました。あんなに苦しかったことがウソのようです!!!また、まわりの方に、肌がキレイになったねとよく言われるようになりました。

 病名に全く左右されない天啓気療も凄いのですが、一番、北沢先生の人柄に触れてみて欲しいと思います。

 本当に、お釈迦様のように暖かい方です。

 病気だけじゃなく、心も元気にして下さいます。今後は、治療も受けつつ、まわりの方のサポートをしてゆきたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。

 

 本当にありがとうございました。

 北沢先生を紹介してくださった知人にも、感謝しております。

 天啓 小百合

その他の体験談へ

 いつもいつもご協力ご理解ありがとうございます