天啓治療法による治療で線維筋痛症の症状が改善し完治した複数の治療例

線維筋痛症の激痛も天啓気療の能力で改善し完治する

気功術や気功治療,レイキなどに優る効果を証明する体験

天啓気療の効果を確認する為の動画

動画などに寄せられたコメント




私は,長年線維筋痛症に悩む方々に対して天啓の治療法による治療を実施してきましたが,その際感じることがあります。それは,200万人の方が治療法も見つからず治療ができず悩んでいます。ところが,私が天啓により授かった治療法による治療ならば容易に改善する,治る,治った,完治するなど治療法の情報を公開しても信用して頂けないので残念に思っています。線維筋痛症に悩んでいるのであれば,一度でも良いから天啓の治療法による治療を試して頂きたいものです。


 線維筋痛症症状,線維筋痛症治療,線維筋痛症線維筋痛症が天啓の治療法による治療で治る治った完治したと喜ぶ

天啓気療院 北沢先生へ

いつも大変お世話になっております。私の体験談を書かせていただきたくお手紙を書かせていただきます。

昨年6月頃より目の激痛、首の後のつけ根あたりの強烈な痛みから始まり10月には、とつぜん首と肩の強烈な痛み、猛烈な吐き気、背骨の痛み、全身のしびれ、血圧が高くなり、呼吸も浅くなり、その症状が毎日続くようになり、どこの大学病院に行って検査をしてみても異常なし、原因不明といわれてしまい、やっと最後の病院で線維筋痛症であるとの診断を受けました。

薬を飲んでも良くなるどころか、ますます痛みが増して悪化し毎日痛くて痛くて一時間も眠れない、しかも、夜中に何度も起きる日が続いたため死ぬことばかりを考え、やっとの思いで暮らしていました。更に、熟睡が出来なかったからと思うが、体重は1年で14キロも落ちてしまい、だるくて何もできない状態でした。

その時、いろいろ調べていると、北沢先生のサイトを見つけワラをもつかむ思いで先生の治療院に電話をし、その日の午後に天啓気療をしていただいたところ、初回から肩の激しい痛みが、あんなに毎日続いて辛かった痛みが軽くなってきたのです。

天啓気療の回数を重ねるごとにあの激しい痛みは無くなり食欲も出て、毎日あった吐き気もなくなり大変感謝しております。また、高血圧、目の痛みなども安定し、びっくりするぐらい今は元気になることが出来ました。更に嬉しいことに、安い化粧品を使っているにもかかわらず18歳の子供と何度もまじめに間違われたこと。きれいになったね。若いね、と。最近よくほめられることが多くなりました。凄いです。

1年前から始まった原因不明の激痛があったことはだれにも信じてもらえませんが、これが事実です。様々な激痛から開放され治ると言うか治ったこともまた事実です。原因不明の病気などで悩んでいる方、特に、線維筋痛症で悩んでいる方は先生の絶大なるパワーを信じて天啓気療を受けていただきたいものと思いペンを取りました。

けっしてあきらめないでください。先生は本物のパワーの持ち主です。先生、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

線維筋痛症が天啓の治療法による治療で治って,脳性小児麻痺(小児脳性まひ)も改善 女性 30歳代

脳性小児麻痺及び線維筋痛症に悩んでいた方から天啓の治療法による治療で線維筋痛症が治ると言うか治ったので嬉しいと体験談が届いた。脳性小児麻痺や線維筋痛症などに悩んでいる方がおりましたなら、是非お役立て下さい。実名の公開の了解も得ていますが、ここには、仮名と致しました。


北沢先生殿

『線維筋痛症』『脳性小児麻痺(小児脳性まひ)』体験談になります。

私は、生まれつきの脳性小児麻痺(小児脳性まひ)です。

今までは、健常者と同様普通に生活をしておりましたが、5、6年前から全身に激痛を伴うようになりました。

仕事もできず、風が体に触れる、呼吸するだけでも激痛が走り、不眠症、食欲不振の生活を送っておりました。

それからというもの、『脳性小児麻痺(小児脳性まひ)』についていろいろ調べた結果、年齢とともに大変な障害であるということを知りました。知識で知った不安、恐怖感の上、現実に起こっている進行状況に戸惑いを隠せませんでした。

大阪、名古屋、東京と有名な病院へ行きましたが、いろんな検査をしても異状なしと言われ門前払いでした。病院めぐりも、3年経った頃ある病院で、『線維筋痛症』ではないかと診断を受けました。(私の場合、『脳性小児麻痺(小児脳性まひ)』もあるので進行がどこまで進んでいるかわからないということでした。

『線維筋痛症』も厄介な病気で当時は、日本の医者もほとんど知る方はいませんでしたし、どんな検査をしてもひっかからない=治療法がないこと、改善が難しく治ったり治ることがないので自殺者が多いとのこと。

現在は、元○○○○○アナウンサーの報道で全国に病名が知れ渡ることができましたが、痛みが完全に無くなり治る方や治った方、改善して完治したという人はいないかと思います。

初めて北沢先生にお会いしたときは、暖かいエネルギーに包まれ体がポカポカしました。『脳性小児麻痺(小児脳性まひ)』ということもあり全身が激しく動きましたが、治療中に痛みが軽減したので、北沢先生がおっしゃっていた、線維筋痛症でも改善するし治ると言うか治って完治することは本当だと思いました。私は、3度目の治療で痛みが全くなくなりました。あんなに苦しかったことがウソのようです!!!また、まわりの方に、肌がキレイになったねとよく言われるようになりました。

病名に全く左右されない天啓気療も凄いのですが、一番、北沢先生の人柄に触れてみて欲しいと思います。

本当に、お釈迦様のように暖かい方です。

病気だけじゃなく、心も元気にして下さいます。今後は、治療も受けつつ、まわりの方のサポートをしてゆきたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました。

北沢先生を紹介してくださった知人にも、感謝しております。

天啓 小百合

この方の場合、自分自身の身体の痛みは何であるかは分からなかったとのこと。しかし、想像を超える痛みであった為、方々の医療機関に行き診察して頂いたとの事、そこで付けられた病名が線維筋痛症だったのです。そこで初めて自分の病気は、線維筋痛症であると知ったとのこと。

それからが大変だったようです。線維筋痛症の痛みを訴えて医療機関を訪ねると、この方は、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)であったことも要因と考えられますが、線維筋痛症と言っただけで、門前払いと同様のことをどこへ行ってもされたとのこと。線維筋痛症だからとして、どこに行っても相手にされないし治らないし改善しない病気なら、自殺をすれば楽になれるのだがとも考えるようになっていたとのこと。

自殺を考えていた当時、この方の友達が私のところを尋ね天啓気療を受けたのです。その友達が私の能力を気に入ったので紹介を受けたようです。しかし、紹介はしてもらったものの、今日までどこに行っても線維筋痛症は改善することは絶対にないし治ったり治ることがないと言われていた為、直ぐには信用をしなかったようなのです。

そこで私のところへ何度も電話をしてきたのです。私はその時大丈夫だから線維筋痛症であっても改善するし治ると言うか治ってしまうと返事をしているのですが、中々尋ねてくることはなかったのです。後日、なぜ来ないのですかと尋ねると、線維筋痛症の痛みは辛く東京に行くことはできるかも知れないが、帰りが怖いとのことでした。大丈夫だから帰りは完全とは言えないが痛みが和らぐからと説得したのです。なおこの方は関西にお住まいです。

その後、天啓気療を実施したのです。すると一言「いやーもっと早く来れば良かった。線維筋痛症は治らないし治ったとか治ることなど無いと聞いていたから来なかったが」と述べていたのです。

線維筋痛症の辛さについて例えれば、自分の脇を誰かが通り過ぎたときの空気の動きでも激痛を感じるとのこと。また、動きについても、信号が替わり横断歩道を渡ろうとしても渡りきることができないとのこと。よって、仕事に従事することなど当然無理であるとのこと。その線維筋痛症が改善したと言うか治ると言うか治ったのですから嬉しかったものと思います。

線維筋痛症及び精神的悩みが天啓の治療法による治療で改善と言うか治る 女性 40歳代

この方は、約2年前に太ももを鍛えようとトレーニングを始めたところ、表現のできないほどの痛みが太ももから膝にかけて出てきたとのこと。なぜこんなに耐え難いほどの痛みが出てきたのか心配になり、正しい情報はないかと、多くのホームページを検索していると、この太ももの激痛は、線維筋痛症に似ていると思ったとのこと。

線維筋痛症であるのなら大変と考え、線維筋痛症を多く扱う専門の医療機関を訪ねたとのこと。その医療機関に在籍する線維筋痛症の専門医が診察したところ、この痛みは、線維筋痛症に間違いないと診断されたとのこと。

線維筋痛症と診断された後は、自分は現在の医学では原因も分からないし改善の余地もないし治ることもない、恐ろしい線維筋痛症になってしまったと毎日のように考えるようになり、更には不安が増し無気力になってしまったとのこと。

いつも線維筋痛症のことばかり考えるようにはなっていたが、いつまでも悩んでいられないので、レイキ、気功治療、鍼治療などを何れも半年間程度試みたとのこと。しかし、全く変化が現れるどころか、益々痛みが増しその痛みの範囲も広がってきたとのこと。

痛みは増すばかりなので、線維筋痛症が改善したとの情報を得たくて線維筋痛症について書かれたホームページを検索していたところ、線維筋痛症が改善したとの治療法が載っていたとのこと、その治療法は、波動療法とのこと、早速波動療法に通い始めたのですが、やはり改善し治るどころか益々痛みが激しくなり、気持ちは落ち込み何も行動することもできなくなり途方に暮れていたとのこと。

波動療法に通い続けていた期間は、約一年半とのこと、しかも、一週間に三回ほど通っていたとのこと。その際、波動水を毎日飲まなければ効果が期待できないとして、波動水も薦められ毎日真面目に飲んでいたとのこと。しかし、全く改善の兆しも治るとか治ったとの自覚なかったとのこと。

確かに波動療法にて改善したとか治った治ると言う方がいたとしても、自分が約一年半も通ったのに改善しないし治らないのだから、線維筋痛症は波動療法で治ると聞かされても治ったと聞かされても自分が治らないのではと思うようになり、再びホームページにて線維筋痛症の改善情報がないかと探していたところ、私のホームページに記載していた線維筋痛症の改善体験や治った方の体験を見て関心を持ち連絡してきたとのこと。

第一回目の天啓気療を始めると、精神的に悩んでいる方の特徴が現れてきたのです。そこで私は、線維筋痛症の痛みに相当悩んでいたとみえて、精神的に参っているなと思わず言ってしまったのです。それに対して、レイキ、気功治療、鍼治療などに夫々半年通ったし、波動療法には一年半も通った、しかも、波動療法では、波動水を毎日飲んだが全く改善の兆しも治った治るの兆しもなかったのだから悩みましたとの返事があった。

一回目の天啓気療を終了するころには、痛みについては、改善して治ったとか治るように感じないが、精神的な部分については、表現の方法が無いくらい楽になっていると喜んでいた。それと、心と身体の力が抜けているようなリラックス感があるとも述べていた。翌日になると、好転反応と述べられる現象が始めて出たとの報告があった。前に実施した治療でも好転反応はあると聞かされていたが、今回初めて好転反応が出たとして喜んでいたのです。

第二回目の天啓気療を始めたとき、線維筋痛症の痛みが全て無くなって治った訳ではないが、我慢ができる程度の傷みに治っていると喜んでいた。精神的な悩みの部分については、想像することができないほど楽になって います、それと、線維筋痛症なのだがその線維筋痛症について恐れていた心の動揺が殆ど無くなっているとも述べていた。

第三回目の天啓気療では、線維筋痛症の痛みは益々改善し治ったと言っても良いぐらい気にならなくなってきたと喜んでいた。その際、波動療法などにて多くのお金と時間を無駄にしたが、多くの社会勉強もしたと自分自身を慰めるような話しもしていた。

第四回目の時には、殆ど線維筋痛症の痛みは気にならな程治ったと言うか無くなったと述べていた。線維筋痛症のことで精神的にも悩んでいた事柄も殆ど気にならなくなったと喜んでいた。その後、自分と同じく波動療法に通っていた方の話などを始めたのです。後日、この方と同じ波動療法のところへ通っていた方々も尋ねてきています。勿論、その方々にも良い結果が表れています。


家族に殺してくれと懇願する線維筋痛症の痛みが天啓の治療法による治療数回で改善と言うか治った 女性 48歳

この方は、長年線維筋痛症の痛みに悩んでいたのですが、激痛が襲ってきたときには我慢の限界を超え、家族に対して自分では体の自由がきかないし改善の見込みが無いそうなので、殺してほしいと懇願したほど苦しんだと述べていた方の体験談です。

私は子供の頃から、いつもあちこち痛いと言っていた事を思い出します。それが「線維筋痛症」の始まりとは知らずに…
 初めは「リウマチ」の気があると訳のわからない診断でした。手首から腕が痛くて、紙一枚持つのもつらかったのが30代の初め頃。薬を飲んでも良くならず、その時は野菜食のみを続けてなんとか良くなったのです。それからは時々足や腕などが痛くはなっても、動いていると気にならなかったので一日中良く動いていました。

40代になった頃から、足全体がとても痛い日があり、歩くのもつらい日がありました。朝起きると、体全体がこわばり固まってしまい、すぐに動くことができなくなってきたのです。それでも動いていると大丈夫だったので、病院には行きませんでした。

ところが、45歳の頃からがまんが辛い程の痛みがでるようになったのです。整形に行っても湿布と痛み止めの薬を渡されるだけで異常なしの診断でした。この頃から何かおかしいと本気で思いはじめました。それでも忙がしく仕事をし、毎日走りまわっていたのでそのままの日々を過ごしていました。そして今年の春頃から、今まで経験したことのない激痛が一日に何度かやってくるようになったのです。

やはり、「おかしい」と思い、ネットで痛みの検索をし「線維筋痛症」という病名があてはまるということにたどりついたのです。それから専門医を探し、通院しました。色々な検査を行い、「線維筋痛症」の病名をはっきりと告げられたのです。治らない…そんな情報ばかりでした。そして病院では精神薬、うつ病の薬ばかり増量されました。それでも最初は痛みが治ればと思い飲んでみましたが痛みは増々激痛になり、思考力も奪われ、自分が廃人になってしまうのではないかと恐怖感でいっぱいになってしまったのです。何か他の方法を探さなくては、このままの治療では意味がないと強く思ったのです。

起きていても寝ていても、座っていてもとにかく痛みが襲ってくるのです。歩く事もできなくなり、活動的だったなんて大嘘つきのように誰かに頼らなければならなくなりました。私は介護の仕事をしているのに、介護を受ける側になってしまったのです。
 「あきらめるな!」生きる希望を失いかけていると「何か絶対にあるはず!絶対にあきらめるな!」自分の心がそう言って背中を押してきました。その声に、なんとかしなくてはと、またネットで検索をはじめました。そして開いたページに、北沢先生の「天啓気療」の文字と写真に出会ったのです。これで治るかもしれない。絶対によくなる。きっと」。なぜかそう思えたのです。

以降はそれからの私の体験です。
 一回目 頭に20分 足からゆっくり上半身まで20分程度で終了。
 始めてすぐに右腕から肩まで(指先から首のあたりまで)激痛あり。終了した途端痛みは消える。不思議な感覚あり。ボーとし不思議な感じあり。帰り道。今までの食欲の無さがうそのようにしっかり昼食を食べる。帰宅後はいつもの痛みあり。

次回の療法まで体が重く痛みあり。いつも激痛があったのに痛みの度合が全然違い、一日がとても楽でした。孫となんでもない事でよく笑ったり、愛犬の散歩をする。歩けなかったのに、15分程度だが快調。あきらかな変化がある。

二回目 とてもだるい。夜には激痛あり。また歩くのがとても疲れ、耳なりが増す。気持ちはとても落ちついている。

三回目 頭、なんとなく前回より脳で感じている。足、(もも・ひざ)、腕に痛みあり。確実に痛みの度合いが軽減されている。

四回目 ほぼ痛みが無。信じられない。本当に今までの痛みの1/5くらい。うそ…施術後、痛みは軽減されているのに、とても不安な気持ち。心が落ち着かない。

五回目 不安な気持ちのまま。痛みは軽減しているのに不安ばかり。帰宅後夕方から高熱。五〜六時間で下がる。なぜかすっきり。翌日午前も発熱。昨日より高熱。39℃。やはり5〜6時間で下がりすっきり。痛みは、本当に軽い。痛む箇所も右腕のみ。

六回目 右肩つけ根のあたりは、負荷をかけると痛むが、ほぼ普通の生活。着がえも洗髪も自分でできる。そろそろ仕事もできるかも。

今、八回を受け、仕事にも復帰し、とても幸せな気持ちでいます。正直、「殺してくれ」とまで思う程の痛みから解放されて、これからの人生。今までの人生をちゃんと考えられる幸せはこの出会いがあったから。はっきり伝えられる事。

「線維筋痛症」は心の痛みです。一生懸命生きている方の痛みです。この痛みに耐え、解放された時、人としての生き方がわかるはずです。どうか、一日でも早く、北沢先生の元においで下さい。必ず、必ず良き人生が見えます。出会う事で痛みとはさよならしましょう。自分自身を信じて下さい。

以上私の継続中の体験談でした。


天啓気療を受ける直前まで歩く事も出来なかったが一回の天啓の治療法による治療で歩けた 女性 44歳

この方は、長年線維筋痛症の痛みに悩んでいたのは勿論だが、激痛が襲ってきたときには我慢の限界を超え、全く体を動かすことができずに、旦那が仕事を終え帰ってくるのをひたすら待ち続ける生活をしていたと述べていた方の体験談です 。

私の場合、体の痛みを感じ始めてから線維筋痛症と診断されるまでの間に、数年程は過ぎていたと思います。その間にも症状が進み、自分の身のまわりの事が日に日に何も出来なくなり、家族共々何をどうして良いのか途方に暮れる日々でした。

何十件と病院へ行き、沢山の医師にも相談をしましたが、結果「原因も分からず治療方法も無い」との事でした。これから先は「病気と上手く付き合って生きて下さい」だけでした。その間、やはり、痛みの波はあり、家族がインターネットで線維筋痛症を調べてくれ、天啓気療、北沢先生に辿り着きました。

もちろん家族は動画を見ていて、半信半疑でしたが、何気に私自身、一緒に見ていて本人しか分からない様な、心や気持ち、又、体の状態をぴったりに言っていたので、もう、今すぐにでも藁にもすがる思いで、泣きながら家族にもすがって、治療時間外(夜中)に、天啓気療と出会ったと記憶しています。

歩く事も出来ない程、病状は進んでいたので、夜、パジャマのまま、もちろん髪はボサボサのまま、家族に抱えられ、杖を使いながらやっとの思いで治療院へ辿り着きました。 初回の治療では、沢山の病院で匙を投げられたこの病気を、どの様な事をするのかと言う、不安と、緊張で、全身強張っていました。

ベッドに横になり、北沢先生のとても暖かな手が私の体に近づくと、全身の力が抜け震え出し、涙が止まらず、不思議な感覚を体験した事を覚えています。又、北沢先生に「あなたは簡単に治りますよ」の一言が嬉しくて、私の人生やり直せると思ったら、又、涙が止まりませんでした。

初回の治療の後、歩く事が出来なかった体が杖を使いながら自分の足で歩けたのも忘れられません。又、その夜、自宅へと戻り、不思議な体験を何度かしますからと言われ、意味が理解できず、そのまま眠りに付くと、過去の出来事や心に引っかかっていた事、思いもしていない事など沢山、不思議な、夢の様な、現実に体感している様な事が、数日続き恐怖でたまりませんでした。それと同時に、体、病状は日に日に動ける様にもなり、出来る事も増え、少しずつですが笑う事が出来るようになりました。

一週間に一度のペースで、私の場合、改善が早かったのか知れませんが六回程の治療を受けました。やはりその間は、不思議な事は続きました。 今現在では、病気になる前の様な生活を過ごせています。 仕事も出来て人の温かさも感じる事が出来る様にもなり、あんなに悩んでいた痛みが僅か数回の治療で改善するなど夢にも思いませんでしたが、実際に痛みはないし、何事に対しても、前向きに過ごせるようになり、今となっては線維筋痛症になり、天啓気療、北沢先生との出会いを心から感謝しています。

今までの私の生き方を、改めて見直す事が出来た様な気がしています。辛く、苦しい日々を無駄にしたく無いと言う気持ちで毎日大切に生きようと思える様にもなりました。 現実的な病院での治療も大切だとは思いますが、それだけでは無いと言う事も、実際に、あるのだと、私が実際に体験させて頂けました事を忘れず、全てを大切に過ごしたいと思っています。


激痛に悩まされ留年を余儀なくされた大学生が天啓の治療法による治療で完治 男性 20代

この方は大学生であり、単位を取り就職活動をしなければならないのに、学業どころか面接を受けるのにも、線維筋痛症による痛みによりあきらめていた方の体験談です。

天啓気療院 北沢勇人様
 京都在住の○○○○です。 いつもお世話になっています。
 今朝、不思議な感覚があったのでご報告しようと思い、メールを致しました。
 一週間前は天啓の治療をして頂き、有難うございました。お世話になってから好転反応が続き、ぐっと楽になったなと感じていた時です。

瞑想をして、ちょっと気持ち悪いなぁと感じながら寝ていたのですが、とても眠りが浅く、四時間ほどで起きてしまいました。すると、耳鳴りが止まらなくなってしまい、急にお腹が焼けるように熱くなって気持ち悪くなりました。そして、その時にまた眠気が来て、北沢先生に手かざしをして頂いている夢を見て、再度起きました。すると目やにや目の渇きが凄く、どっと倦怠感に襲われ、またすっと楽になりました。
 これも好転反応なのかなと日々感じております。引き続き東京の方でお世話になると思いますが、今後とも宜しくお願いします。
 それでは、失礼致します。

ここからは二回目に送られてきた体験談になります。

○○○○と申します。 天啓気療を受けて、線維筋痛症が改善し、さらに様々な体験をしたので参考になったらと今回は書かせて頂きました。

一回目の治療で、身体がビリビリポカポカしてきて、30分経った頃には肉体的にも精神的にも楽になりました。それからの一週間は眠くて、眠くてしょうがなかったです。

二回目の治療も同様に身体がビリビリしてきて、楽に感じられました。その時に同じ線維筋痛症で悩んでらっしゃる方から天啓気療に電話があって、その方に先週のことをありのまま伝えました。すると、その方はその日の夜に天啓気療院に来て、劇的に改善したようです。

三回目〜八回目ぐらいはビリビリよりも身体が重くなる感じの方が強く、好転反応がとてもきつかったです。 この時ぐらいから家族の夢を見るようになり、特に父親の夢を見るようになりました。

そして、七回目の治療の時にそれを北沢先生に伝えると、涙が溢れ出てきたのを今でも覚えています。ここで、先生に受け入れなさい、許しなさいと言われたことを考え始めます。

九回目〜十二回目ぐらいまではさらに悪くなった気がした時期でした。この頃も家族の夢を見ると共に、別れた恋人の夢も見るようになりました。私はあの人が好きだったのだなぁと。本当に好きで好きでたまらないからこそなのかなとも思いました。

十三回目〜十七回目の治療を受けたところで、受け入れるってどういうことなのか分からなく、彷徨って精神的に落ち込んでいた時期でした。それと同時期に自律訓練法の瞑想を先生に教えて頂き、自分に目を向けるのではなく、周りの人に目を向けてみると良いと教えて頂きました。でも、この時はその意味がまだ分かっていませんでした。

それから一週間後ぐらいに精神的にも肉体的にも参った時期がありました。その時に、三回目の治療で出会った方と電話をして、自分の話を聞いて頂いて、受け入れるという意味が分かりました。それは自分の感情に素直になることです。すると、とんでもない量の涙が溢れ出ていきました。電話中に泣いてしまったのを覚えています。それから、自分が信頼している母親に電話をしたらさらに泣いてしまいました。もう泣きじゃくりです。

それから、言葉では分からないですが、妙にそわそわして眠れない時期が続きました。そして、ある日のことなんですけど夜中に大切な人のことをふと考える時期がありました。すると、また涙が止まらなくなりました。自分の幸せとは自分の大切な人が笑顔になっている時だなぁと。私が線維筋痛症になったのは大切な人の笑顔を守れなかったからなのかなと。そんなことを考えながらいると、急に眠くなりました。

そして、その次の日に北沢先生に電話したらまた涙が出ました。涙が溢れ出たのを報告したくて電話したのを覚えています。 そして、この時期ぐらいに気づきます。私は涙が流したかったのだと。泣きたい気持ちを抑え込んできたと。そして、泣くたびに気持ちが楽になると。そして、人の痛みについて考え始めました。自分は人を傷つけるのではなく、たくさんの愛情を注いであげたいと。

今考えると、泣くたびに精神的にも肉体的にも改善がぐんと伸びたと思います。そして、大切な人のことを考えると泣けますし、すっきりします。
 私はどこかで泣くことが怖かったです。向き合うことが怖かったです。それほど自分の過去を抑え込んでいたのです。でも、自分に正直になって良いです。誰でもきつい時は泣いて良いです。自分の心と身体を解放してあげて良いです。特に男の人は泣くことに慣れていない方が多いと思いますが、思い切って解放してあげてください。これが私が天啓気療を受けて学んだことです。


変形性股関節症の痛みが天啓の治療法による治療で改善と言うか治った 女性 30代

この方の場合、線維筋痛症の痛みに耐えかねてではありませんが、やはり痛みがあったためにお越しになった方であり、参考になるかと思い体験談として記載しました。

北沢先生こんにちは。御世話になります。
 北沢先生に天啓気療をしていただき、体の調子や痛みが改善されました。ありがとうございます。この度、北沢先生の気療院をこれから訪れる方の希望の、参考にしていただけたらと思い、体験談を送らせていただきます。宜しくおねがいします。

私が北沢先生の元を訪れたのはまだ冬の寒い日でした。変形性股関節症の痛みに悩み日頃から信頼する恩師から北沢先生のことをすすめていただきました。

天啓気療院を最初に訪れた時には右股関節の軟骨がすり減って、骨と骨がぶつかっており、痛みが生じて歩けない状態でした。五メートルから一〇メートル歩くのがやっとでしたので、天啓気療院にも、ちょっとの距離をタクシーで行きました。

初回の天啓気療を受けると、私の場合は、手や足の先のほうがぴりぴりとしたり、透明人間のような体の境目が消えたような感覚があったりしました。気療を終えるとすごくリラックスして、湯上りのように気持ち良く、痛みも楽になったように感じました。

帰ると、ものすごく眠くなり、熟睡しました。その間、まどろむなかでも、脳がとてもリラックスするような感覚がありました。目覚めてからもぼーっとしていて、しばらくゆっくりと身体を休めました。そして、十分に休んでから、なんだか歩けるような気がして外に出てみると、それまで歩けなかった距離が、歩けるようになっていました。

今まで見つけられなかった最寄りの駅を見つけたり、すごく世界が開かれたような明るく希望が持てるような気もちがしました。先生の元へ何度か訪れ、その度歩き易くなったり、距離も延びるようになりました。タクシーでしか行けなかった距離も歩いて駅まで行けるようになり、それに、人間関係がぐんぐんと良くなったように感じます。

数ヶ月程すると、何だか股関節に、隙間ができてるんじゃないかという感覚を感じるようになってきました。そして、病院でレントゲンを撮って半年前と比べたところ、半年前にはなかった関節の間の隙間が出来、新しい軟骨が再生されてきていたのです。

何度か気療院に通っていた間、いつも北沢先生が患部の右股関節に重点的に手を当ててくださっていました。いつも気さくで、優しく迎えてくださる先生や奥様の人柄にいつも癒され、お話しする度に心の奥からほっといたしました。そして心の面でのアドバイスもいただけていたことがとてもありがたかったです。

北沢先生、奥様ありがとうございます。これからもまた、訪ねて行きたいと思っております。宜しくお願いいたします。


線維筋痛症の痛みに、自殺を考えるほど苦しんで天啓の治療法による治療で完治 女性 20代

私は「線維筋痛症になり、悩み出してから十数年になりますが、一度もラクになったことがありません。数多くの治療法を実施しても、一向に改善も治ったりも治ることもなしませんでした。天啓気療なら、線維筋痛症でも大丈夫ではないかと思うのです」と言って、訪ねてきた方がありました。

その若い女性が来院したのは、腰痛に悩んでいた彼女のお父さんが、いつかは行ってみたいと思い、買い置きしていた、私が過去に現代書林より出版した「天啓気療」を読んだのがきっかけでした。あまりにも遠方の為、来院をためらっていたらしいのですが、痛みに耐えかねて来院したようなのです。

これまでの十数年の経過は、以下のとおりです。十代に腰のあたりが痛み出し、その後、両足の太腿から下に向かって痛み出しましたが、当時はそれほどの痛みではなかったようです。ところがその後、腰から上半身、腕まで痛み出し、我慢できないほどの痛みが全身に表れ、やがて起き上がるのもつらく寝てばかりの生活になり、勤めにも出られなくなり、退社を余儀なくされたとのこと。

その後、大学病院などの医療機関を訪ね歩いたものの、一向に改善せず、そして、ある大学病院で「これは線維筋痛症ではないか」と初めてそれらしき病名が告げられたとのこと。その際医師は「線維筋痛症は原因もわからず、治療法も確立していない為、改善させることが難しい。難しいと言うより、改善させる方法がないから、痛みから逃れることはできません。どうしても痛みが我慢できない場合は、精神薬的なものでやわらげます。それ以上、痛みが増してきたときは、麻薬的鎮痛剤で痛みをごまかす方法しかありません」と告げられたそうです。

彼女の場合も、先に登場した40代の女性のように、痛みの原因が線維筋痛症であると判明するまで、他の病院では「仮病ではないか」「気のせいではないか」「怠けたいからそのように言うのではないか」「精神からきているようだから、精神科に行ったらいい」などというアドバイスしかもらえませんでした。なかでも、仮病、気のせい、怠けたいだけ、などと言われたことは、大変なショックだったようです。

早速一回目の天啓気療をはじめると、五分も経たないうちに「うわーっ、不思議、なに、これ? 身体がしびれてきているように感じる!それに、短時間だけど、もう痛みがなくなっているのがわかる!」と驚いていました。私が「線維筋痛症の痛みの場合、改善しにくい人もいますが、ほとんどの方はすぐにラクになるようです」と言うと、信じられないといった顔で、驚いていました。

ここで、一回目の天啓気療を実施後、私宛に彼女から頂いた質問メールをご紹介します。一回目の直後には、痛みが軽減し喜んでいましたが、メールの内容からは、後日に表れた倦怠感と痛みに驚いていた様子がうかがえます。

先日はお世話になりました。現在、おかげさまで好転反応と思われる倦怠感、全身の痛みや微熱、リンパ線の腫れなど、少々の辛さはありますが、必ずおさまると信じてがんばっています。ちなみに、私は線維筋痛症の他に「類似疾患である慢性疲労症候群の疑いもある」と診断されていました。しかし「B県内にこの病気を診断できる医師がいない」と言うことから、あくまで疑いの範囲でした。なので、痛みの他に、慢性微熱、リンパ線の腫れ、極度の疲労感は一進一退という状態で続いておりました。

今日は先生にお聞きしたいことがあり、メールさせていただきました。いま私は、ひと月ほど大学病院の麻酔科に通っています。筋肉が硬く凝っていて、痛む部位に、一度に5ヶ所ほどの麻酔注射を治療として受けています。ですが、先生の治療と一緒にこの麻酔治療を受けても大丈夫なのでしょうか。先生の治療に影響を与えてしまわないか、心配なのです。

以前から、整形外科、心療内科、神経内科に通っていましたが、大学病院の麻酔科はなかなか紹介してもらえませんでした。しかし、運よく、私と同じ病気を患う精神科の先生と出会う機会があり、痛みや辛さを共感して頂いたうえに「対処療法でも痛みがやわらぐから」と、ようやく紹介状を書いて頂いた経緯があるので、いきなり通院をやめる勇気がありません。勿論、先生の治療は本物であると実感していますので、また近いうちにお世話になる予定でおります。お忙しいとは思いますが、お返事よろしくお願いします。

◎私からの返信メール

お便りありがとうございます。現在医療機関において治療をしています、または、薬を使用しているが大丈夫かとの質問をよく受けます。その時私は、天啓気療とは、貴方の自然治癒力を呼び起こす為のものであって、どんな治療法との併用であっても大丈夫と答えています。貴方の場合も同じだと考えてください。

私が実施する天啓気療の場合、改善させる能力が強力であり、好転反応と呼ばれている現象をどうしても避けられないのです。また、私を頼ってきた方々が少しでも早く改善して頂きたい為、好転反応と思われる現象の現れ方を観察しながら、天啓気療の時間を決めていますので、ご理解の程宜しくお願い致します。

確かにこれまでのことを考えると、改善することは難しいように感じても致し方がないでしょう。しかし、私がこれまでに行ってきた例においても、同じような方が大勢いましたが、ほとんどの方は、完全な改善とは言えないまでも、一回から二回程度にて楽になっていくようです。貴方の場合もきっと、これまでの方々と同じように改善していくものと思います。

ホームページにも様々な体験談が載せてありますので、参考にして頂ければ幸いです。確かに、全く同じ体験については載せていないですが、どのような症状であっても、同じような改善を示していくものなので、安心してもよいと思います。それでは、お会いできることを楽しみに待っています。との返事を出しています。

一週間後、再び彼女かが来院したので、二回目の天啓気療を行いながら私は尋ねてみました。「どう、その後の痛みは?」すると彼女は「足の方はすっかり良くなって、驚いています。でも、好転反応と思われる現象にはもっと驚きました。すごかったもの。だるいし、眠いし、なにもする気にもならなかった。本で読んだときは理解できなかったけど、本当に天啓気療ってすごい!」と感激をあらわにしていたことが思い出されます。

今まで十数年間線維筋痛症に悩み続け、最近では自殺を考えるほどの痛みだったそうです。それが、一回の天啓気療で、完全とは言えないまでも改善したのです。二回目の天啓気療を終えて、もう一度、痛みの状態を尋ねたときの彼女のコメントを最後に載せておきます。

「今まで十数年間、数多くの大学病院で西洋医学の治療も受けたし、麻酔科で麻薬と思われる痛み止めも打ってもらいました。精神科の治療も受けたし、気功の治療、整体、鍼治療、マッサージまで受けたのに全く改善しませんでした。その痛みが、たった二回の天啓気療で改善するなど想像もつかないことでした。いまだに、どうしても信じられません」と涙ながらに述べていたことが思い出されます。


線維筋痛症・精神的悩みにあらゆる治療法をためして失敗・天啓の治療法による治療で完治 女性 40代

この方の場合、痛みに耐えかね、整体、鍼治療、気功療法など、数えきれないほどの治療法を試したが、全く改善しなかったとのことでした。ただ、私の能力のことは以前よりホームページを見ていた為、知っていたようです。しかし、私のところを訪ねるのにも、以前の治療法がダメだったことを考え、ずっとためらっていたとのことでした。

彼女が発症したのは、二年ほど前でした。太腿を鍛えようとトレーニングをはじめたところ、耐えがたいほどの痛みが太腿から膝にかけて走りました。心配になった彼女は、正しい情報を求めてインターネットを検索し「この激痛は線維筋痛症に似ている」と思ったそうです。あわてて、線維筋痛症を扱う専門の医療機関を訪ね、専門医に診察してもらったところ「線維筋痛症に間違いない」と診断されたとのことでした。

それからというもの「現在の医学では原因も分からない、改善の余地もない、恐ろしい病気になってしまった」と毎日考えるようになり、不安が増し、無気力になっていったそうです。いつまでも悩んでいられないので、レイキ、気功療法、鍼治療など、いずれも約半年間ずつ試みてみたのですが、変化が表れるどころか、益々痛みが増し、その範囲も広がってきたとのことでした。

それでも「線維筋痛症が改善した」という情報を求めて、線維筋痛症について書かれたホームページを検索したとのこと。そこで「改善した」という情報の載っていた気功療法を見つけ通いはじめました。一週間に三回ほど通い、その期間は約一年半にもおよびました。その際「線維筋痛症の場合には、波動水を毎日飲まなければ効果が期待できない」として、波動水も薦められて毎日真面目に飲みました。

しかし、やはり改善するどころか、益々痛みは激しくなるばかりであり、気持ちは落ち込み、何もできなくなり、すっかり途方に暮れてしまったとのことでした。やがて「確かに改善した人がいるかも知れないけれど、約一年半も通ったのに改善しないのだから、私はこの療法では治らないのだろう」と思うようになり、その療法を打ち切り、そして、私のホームページに線維筋痛症の改善情報が記載されていたことを思い出し、連絡をしてきたのです。

早速、第一回目の天啓気療をはじめると、精神的に悩んでいる方の特徴が表れてきました。そこで私はつい「線維筋痛症の痛みにそうとう悩んでいたとみえて、精神的にまいっているなぁー」とつぶやいたのです。すると、先述した、これまでの治療の経緯を話してくれたのです。

終了するころに、彼女はこんなことを口にしました。「線維筋痛症の痛みは改善しているように感じませんが、精神的には表現の方法がないくらいラクになっています。それと、心と身体の力が抜けているようなリラックス感があります」と述べていたのです。

その翌日、連絡がありました。「先生、好転反応のような現象がはじめて出ました。前にいろいろやってみた治療でも好転反応があると聞かされていましたが、今回、初めて好転反応が出たんです」と、とても喜んだ声が、電話のむこうから響いてきました。

二回目の天啓気療では、こんなことを言っていました。「痛みが全てなくなっているわけではありませんが、我慢ができる程度の傷みに落ち着きました。それと、精神的な悩みは想像もできないほどラクになっています。とくに、線維筋痛症を恐れていた心の動揺が今はほとんどありません」と述べていたのです。

三回目の天啓気療では「痛みはかなり改善して、気にならなくなりました」と喜んでいました。その際「他の療法で多くのお金と時間をムダにしたけれど、線維筋痛症になったことで、多くの社会勉強もしました」と前向きな言葉も聞かれました。

その後、四回目ほどでほとんど痛みが気にならなくなり、線維筋痛症で精神的に悩むこともなくなったそうです。その後、彼女と同じ気功療法へ通っていた方々も、彼女の紹介で来院されました。勿論、その方々にも良い結果が表れています。


最近の繊維筋痛症の天啓の治療法による治療の現状について

最近、繊維筋痛症に悩む方が多く訪れています。どの方の場合も好転反応と述べられる現象に悩まされているように感じます。好転反応と述べられる現象とは、改善する段階において現れる現象で す。倦怠感が現れる場合や痛みなどが現れます。繊維筋痛症の場合は、倦怠感と痛みが現れるようです。その後、改善していくのです。改善することは理解しているが、驚く場合の方が優先しているようにも感じる。

この方の場合も、1回目の天啓気療を実施した直後には痛みが軽減し喜んでいたのです。しかし、後日に現れた倦怠感と痛みに驚いていたようです。その後2日程度悩んでいたが、急に痛みが和らぎ驚いたとのこと。驚くのも無理がないようにも感じます。何故なら、痛みに悩み出してから約4年になるが、一度も楽になったことがなかったとのこと。

1週間後に2回目の天啓気療を実施しする為に来院してきたので、早速天啓気療を始めると、約5分後あたりから、腕が左右に動きだしそのその後脚が動き出したのです。その際、ホームページに身体が動き出す人がいると書いてあったが、本当に身体が動き出すのねと驚いていた。帰り際に痛みはどうですかと聞いてみると、たったの2回、しかも、2週間という短期間の治療でこんなに楽になるものなのかなーと不思議がっていた。

この方の場合も、気功治療は勿論、波動療法、整体、鍼治療など数えきれないほど訪ねたとのこと。しかし、改善することは、全くなかったようなのです。私の所を訪ねるのにも、以前の治療法のことを考えるとためらっていたとのこと。しかし、どうしても楽になりたいとの一念で訪ねてきたとのこと。

私は過去にも繊維筋痛症に悩む方に対して天啓気療を実施してきたが、全員が改善しています。確かに、医学の常識では原因がはっきりせず、対処の方法がないとされ、精神を安定させるための薬などが試されているとのこと。しかし、改善を望むことはできない病とされています。



■天啓気療院のインフォメーション
■ コンテンツメニュー