繊維筋痛症治療,繊維筋痛症効果,気功術,気功とは,気功師,気功整体

書籍・線維筋痛症は改善する
あらゆる治療法をためして失敗。最後にたどりついた天啓気療

サイトマップ

 

 あらゆる治療法をためして失敗。最後にたどりついた天啓気療

 線維筋痛症、および精神的悩みの改善 女性 四十代

 この方の場合、痛みに耐えかね、整体、鍼治療、気功療法など、数えきれないほどの治療法を試したが、全く改善しなかったとのことでした。ただ、私の能力のことは以前よりホームページを見ていた為、知っていたようです。しかし、私のところを訪ねるのにも、以前の治療法がダメだったことを考え、ずっとためらっていたとのことでした。

 彼女が発症したのは、二年ほど前でした。太腿を鍛えようとトレーニングをはじめたところ、耐えがたいほどの痛みが太腿から膝にかけて走りました。心配になった彼女は、正しい情報を求めてインターネットを検索し「この激痛は線維筋痛症に似ている」と思ったそうです。あわてて、線維筋痛症を扱う専門の医療機関を訪ね、専門医に診察してもらったところ「線維筋痛症に間違いない」と診断されたとのことでした。

 それからというもの「現在の医学では原因も分からない、改善の余地もない、恐ろしい病気になってしまった」と毎日考えるようになり、不安が増し、無気力になっていったそうです。いつまでも悩んでいられないので、レイキ、気功療法、鍼治療など、いずれも約半年間ずつ試みてみたのですが、変化が表れるどころか、益々痛みが増し、その範囲も広がってきたとのことでした。

 それでも「線維筋痛症が改善した」という情報を求めて、線維筋痛症について書かれたホームページを検索したとのこと。そこで「改善した」という情報の載っていた気功療法を見つけ、通いはじめました。一週間に三回ほど通い、その期間は約一年半にもおよびました。その際「線維筋痛症の場合には、波動水を毎日飲まなければ効果が期待できない」として、波動水も薦められて毎日真面目に飲みました。しかし、やはり改善するどころか、益々痛みは激しくなるばかりであり、気持ちは落ち込み、何もできなくなり、すっかり途方に暮れてしまったとのことでした。

 やがて「確かに改善した人がいるかも知れないけれど、約一年半も通ったのに改善しないのだから、私はこの療法では治らないのだろう」と思うようになり、その療法を打ち切り、そして、私のホームページに線維筋痛症の改善情報が記載されていたことを思い出し、連絡をしてきたのです。

 早速、第一回目の天啓気療をはじめると、精神的に悩んでいる方の特徴が表れてきました。そこで私はつい「線維筋痛症の痛みにそうとう悩んでいたとみえて、精神的にまいっているなぁー」とつぶやいたのです。すると、先述した、これまでの治療の経緯を話してくれたのです。

 終了するころに、彼女はこんなことを口にしました。

 「線維筋痛症の痛みは改善しているように感じませんが、精神的には表現の方法がないくらいラクになっています。それと、心と身体の力が抜けているようなリラックス感があります」と述べていたのです。

 その翌日、連絡がありました。

 「先生、好転反応のような現象がはじめて出ました。前にいろいろやってみた治療でも好転反応があると聞かされていましたが、今回、初めて好転反応が出たんです」と、とても喜んだ声が、電話のむこうから響いてきました。

 二回目の天啓気療では、こんなことを言っていました。

 「痛みが全てなくなっているわけではありませんが、我慢ができる程度の傷みに落ち着きました。それと、精神的な悩みは想像もできないほどラクになっています。とくに、線維筋痛症を恐れていた心の動揺が今はほとんどありません」と述べていたのです。

 三回目の天啓気療では「痛みはかなり改善して、気にならなくなりました」と喜んでいました。その際「他の療法で多くのお金と時間をムダにしたけれど、線維筋痛症になったことで、多くの社会勉強もしました」と前向きな言葉も聞かれました。

 その後、四回目ほどでほとんど痛みが気にならなくなり、線維筋痛症で精神的に悩むこともなくなったそうです。その後、彼女と同じ気功療法へ通っていた方々も、彼女の紹介で来院されました。勿論、その方々にも良い結果が表れています。

 

線維筋痛症以外の体験談 線維筋痛症書籍の原稿

気功や気功治療,レイキに優る超能力効果の天啓気療

線維筋痛症は容易に確実に改善する 線維筋痛症は改善する,書籍の原稿

ランディングページ