線維筋痛症は初期症状でも専門病院,薬,漢方薬でも治る事がないチェックの困難な難病だが天啓気療なら線維筋痛症でも治るだけでなく完治も,東京,東京専門,東京都,東京都内,東京都大田区大森西

線維筋痛症は改善する,気療を実施した場合改善しやすい方と改善しにくい方の違い

線維筋痛症は容易に確実に改善する

気功療法,気功治療,エネルギー療法に優る効果と実績の天啓気療院 気功治療にもあらゆる療法にも優る天啓気療

気功,気功教室,気功師,気功整体,気功治療,気功ヒーリング,気功,脳性小児麻痺,気功,サイトマップ
北沢勇人の挨拶 線維筋痛症は改善する,天啓気療とは 天啓気療の治療体験談集
天啓気療が気功治療などに優る訳 好転反応について 気功治療などと天啓気療の違い
天啓気療の最も注目すべき点 治療師を選択する際の注意事項 天啓気療に対する質問
優れた能力者を簡単に選択できる方法 病気に縁がないように注意する事柄 病気とは
天啓気療に対するお客様の感想など 線維筋痛症の改善について 書籍の出版のご案内
天啓気療を受ける間隔について 天啓気療の治療方法について 自律訓練法の方法について
北沢勇人のプロフィール 私の病気体験から 脳性小児麻痺の改善について ランディングページ

 

 

【改善しやすい方と改善しにくい方の違い】

ところで、改善しやすい方か、改善しにくい方かの見分け方の例として、腰痛に対して天啓気療を実施した後、私の問いに対して、応答するときの言葉の意味について述べる事にする。まず私が、「腰の具合はどうですか。」と尋ねた事に対し、改善しやすい方は、「そうだな、まだ、少し痛みが残っているが、来た時よりだいぶ改善しているな。」と応えるのです。それに対して改善しにくい方は、「来た時よりだいぶ改善しているが、まだ、少し痛みは残っているな。」と応えるのです。この件は、よく考えるとわかるのですが、改善しやすい方は、改善した事を強調しているのです。それに対して、改善しにくい方は、改善しない部分を強調しているのです。つまり、改善しやすい方は、改善した部分を探し求め、改善しにくい方は、改善しない部分を探し求めている事になるのです。

その後、再び私の所を訪れる頃になると、歴然として改善の度合いが異なっているのです。ようするに、応えた答えは同じであっても、意識に対するエネルギーの配分や、捕らえ方が異なっているだけでも、短期間に歴然と違いが現れてくるのです。ですから、意識のあり方や、愛のあり方が大事なのです。ところで、後日なって、ああなった、こうなったと言ってくる方もありますが、その方もまた、改善しない部分を探し、そして、強調している事が大半であるのです。これでは、改善しにくくなってくる事を、望んでいるとしか解釈できないのです。ですから、例えば、軽い病気になったとしても、意識のあり方によって、良き方向に進むのも、悪しき方向に進むのも、貴方次第であり自由自在なのです。

 

天啓気療を実施した場合改善しやすい方】

病気を「治した」「治った」とよく聞きますが、これには問題があると思います。いくら能力があり素晴らしくとも、あくまでも、皆様の持っている自然治癒力を活発に活動させただけであり、それは、病気を治したのではないと私は思っています。私はいつも「自然治癒力を活発に活動させるのであり、一概には言えないのかも知れませんが、改善しています。」と応えています。ただし、意識のあり方や、愛のあり方により、個人差は著しくあることも事実なのです。ですから、意識のあり方や、愛のあり方が大事なのです。

様々なエネルギーに対する感受性には、個人差があり、感受性の強い方も、弱い方もいます。感受性の強い方は、天啓気療効果も即座に現れ、改善しやすいものなのです。改善しやすい方の場合には、私がエネルギーを送りだすと、ほぼ同時に、手や足は勿論、全身がしびれたようになり、身体から力が抜け、手や足は勿論、身体までも動かす事ができないようになるのです。更に、ほんのりと身体が温かくなり、異常と言うほど眠気や、倦怠感が感じられるようになります。

第一、改善しやすい方と言っても、様々なタイプがある訳ですが。

まず、最初にあげられるのが、私の所に来て天啓気療を受けた方で、自分が改善したのだからと、多くの方々に対して、私の不思議な能力を紹介する方が、改善しやすい方と言っても良いような気がするのです。更に改善しやすい方は、第一、の条件と、次に述べる第二、の条件双方を持ち合わせている方であることを述べておきます。

この方の場合には、自分自身も、今日まで、病気などにて様々な苦労をした訳ですが、その苦労と同じ事を、自分以外の方もまたしている事を察し、自分以外の方々にも、自分の味わった幸せを、少しでも分けてあげたいとする自然なる愛の心が働き、私のことを紹介していると考えられるのです。

しかし、ここで最も理解をし、注目しなければならないのは、自分以外の方々に対し、手をかざすだけで病気が治ったと説明をし、説得をするのには、よほどの覚悟がなければ、説明は勿論、説得など全くできないのが現状であるのです。なぜなら、「貴方はだまされているのよ。手をかざしただけで、病気が治ったなんてあるはずがない。そんな方法で簡単に治るのだったら、医者や病院が要らないわよ。」と白い目でみられ、更には、軽べつされかねないのが、日本の現在の実状であるからなのです。また、「以前にあったじゃない。人をだました宗教が、あれと同じで、貴方はだまされているのよ。」と笑われる事などがあるのです。更には、そのような事を信じて、他人をだましてはならないと忠告される事さえあるのです。

ところで、そのような事情があるにも係わらず、説明をして説得できるのは、私を信頼するからこそ、そして、自分自身をも信頼し、他人をも幸せにしたいと願うからこそであり、何を言われようと恐れずに、自然に真心を込めて、紹介する行為を実施したためにできた結果であるのです。この行為こそ、自然であり、見返りを求めない、愛そのものである事が理解できるのです。このようにして紹介などができる方は、後にも記しているが、アナハタチャクラの特徴を理解する事により、より納得できるものなのです。

従って、その方の話を素直に受け取った方の場合には、特に私への信頼も増し、そして更に、紹介をした方をも信頼し、また、自分をも信頼している事が判明するのです。この方の場合にも、紹介をしてくれた方と縁があった事を理解すれば判明するのですが、やはり、アナハタチャクラに特徴がある事が理解できるものなのです。なぜなら、その紹介をする方々の意識が正常なら、付き合う方や縁ある方も、やはり同じようなタイプであり、正常な意識状態である事がほとんどであるのです。よって、その方もまた正常なる判断をするものなのです。この事は、昔からのことわざに、「同じ穴の狢。」とか、「朱に交われば赤くなる。」などとして、戒められているので理解ができるはずです。

ですから、自分が良き方向に進みたいのなら、そして、自分の幸せを願うなら、他人を恨み、落とし入れようなどとは、考えない事が重要であるのです。更に、いつでも、自分自身の行動や、態度などには気を付けなければならないのです。誰も見ていないから「大丈夫。」とはならないのです。絶対に間違ってならないのは、自分の行為や心の思いは、他人に対しては秘密にできますが、自分自身に対しては、うそやごまかしは絶対にできないのですから、注意が最も必要であり大事なことなのです。

ところで、その紹介されて私の所を訪れた方もまた、私との間の信頼関係が予めできあがっており、より一層改善しやすくなるようなのです。ですから、私の所を尋ねる頃には既に、身体の不調だった部分が、完全と言わないまでも、回復していたり、精神的に悩んでいたものが無くなったり、軽減されていたりする事があるのです。今日まで、自我のあり方によって、体調が優れていなかった方が、自分以外の方の話を素直に聞く事ができるようになると、今日まで不足していた自然の心や、愛の心が呼び起こされてくるのです。すると、自我が鎮まり、緊張が取れてきて、リラックスしてくるのです。従って、前記のような、現象内容が起こってくるのです。

昔から、愛とは、人のためになれば良いと願いながら、黙って役に立つ事とか、報酬を求めず、人の役に立つ事などと言われているのです。この自然に行った行為こそ、愛がある行為、愛そのものなのです。昔から、「貴方に愛があれば、愛によって救われる」と言われている所以である事が、納得できるはずです。いつの場合であっても、私は、全ての治療方法に共通しているのは、無条件の愛があってこそ実現できるのであって、見掛けの愛であってはならないと話をしているのです。見掛けの愛とは、単に、あの人が好きだとか、男性が女性を、女性が男性を好きになったから、愛であるなどと表現される場合があるのです。この愛とは、動物的、肉体的情愛であって、愛ではないのです。愛とは、誰に対してでも、無条件に見返りを求めない状態であり、例え、自分自身が不利になったとしても、相手を思いやり、認め、許す事ができる場合の心のあり方を言うと考えられるのです。

ここで注意すべき点は、例えば、過去に受けた数々の虐待や、いじめなどの事実を、いつまでも認める事ができず、更に、受けた相手を許す事ができずに、うらんでいる場合などには、極力、純粋な愛や素直さを持って、自分自身に対して対処するようにしないと、取り返しのつかないほど、自分自身を痛めつけ、膨大なるストレスを生む事となるので、特に注意が必要なのです。真実の愛については、【神様とは・愛とは・宇宙とは・自然とは】のところで詳しく述べる事にする。

第二、表情が明るい場合である。 

表情が明るい方の場合には、意識が自分の内側を見つめている場合より、外側を見つめている場合が多いのです。つまり、外部に存在するものであるが、自分以外の方々も含まれているのです。その中には勿論、他人に関する感情や、心使いなども含まれていると解釈できるのです。自分以外の外部を見つめると、体調が回復しやすいのは、意識が外側を向いている場合には、外交的な方であり、楽天的な方であるのです。よって、病気などにくよくよ悩んでいない事が、特徴としてあげられるのです。この方々の場合には、アナハタチャクラの良い面が発揮されているのです。ただし、周りの方々を気にもせず、遠慮もせず、考えもせず、ヘラヘラとしていると言う意味ではないので、注意が必要であり重要なのです。この方々の場合には、自分の主張のみをしているのであって、ムーラダーラチャクラや、スワディスターナチャクラの悪い面が、出ているだけなので注意が必要なのです。

昔からよく言われる教訓に、もし病気が治りたかったら〔人のために尽くす事。尽くしておく事。〕〔病気になったのだから戦わない事。あきらめる事。そして、病気である事を認める事。更に、病気の事を忘れる事。〕などが述べられているのです。ただし、その場合ではあっても、第一、の条件に該当する部分が、少しもないと認められる場合には難しいのかも知れないのです。

前記の第一、及び、第二、の教訓は、簡単なようで大変難しい。しかも、単純であるため、信用に値しないように理解される事があるのです。しかし、私の所へ来る方々を観察していると、絶対に一例として例外がないのであり、信用に値するので是非実行して頂きたいのです。

 

【天啓気療を実施しても改善しにくい方】

様々なエネルギーに対する感受性には、個人差があり、感受性の強い方も、弱い方もいますが、感受性の弱い方は、天啓気療の効果も、弱い場合があります。感受性の弱い方の場合には、警戒心、嫉妬、悲しみ、臆病、憎しみ、その他、病気の恐怖などに対して、必要以上に敏感になっている場合が多いようなのです。また、ありとあらゆる物に該当するのではあるが、著しく物事や物に対しての執着欲、恐怖(自分で気付く場合は少ない。)心などが、心の奥底に潜んでいる場合などには、一時回復しても、またすぐに戻ってしまい、残念な結果になる場合があるのです。特に、著しくお金や土地などに執着している場合や、幼少期に、虐待などの恐怖体験をしている場合などには、改善しにくいような気がするのです。また、幼少期に、虐めなどの恐怖を体験した場合であっても、同様に改善しにくくなっているようである。

また、理由はどうであれ、何度も簡単に時間を変更したりする方や、時間を守らない方も、やはり、改善はしにくいと考えなければならないようです。例え、交通の事情や、仕事の事情があったとしても、同様となるところが不思議なところなのです。この事を考えるに、自分が幸せになり、病気から開放されたいのなら、この教訓や自我について、他人を落とし入れたり、恨んだりする事は何であるかを、そして、お金とは、時間とは、個人の自由とは何のために、そして、いずれのために存在するのかなどを、もう一度初心に立ち返り、検討してみる事も、心得なければならないような気がするのです。時間の場合などは、相手に対して迷惑がかかるばかりではなく、他の方々の時間をも、消費しまっていると考えられるのです。要するに、誰が考えても迷惑と感じられる事柄は慎まなければならないようなのです。

また更に、家族や、生活をしていく中で、重要な方々などに対して、自分自身の病気や、悩みを秘密にしている場合なども、やはり、改善はしにくいようなので、気を付けなければならないのです。また、自分に対して不利になるからとして、廻りの方々に、様々な事などを秘密にしている場合や、自分だけは幸せになりたいが、他の方々には幸せになってほしくない方なども、同様のように感じます。どのようなことかと申しますと、例えば、病気などを改善させることのできる素晴らしい方などがいることを知っていても、秘密にする方などは、心の奥底に、無意識ではあるが、他の方々には幸せになってほしくないとの意識が、潜んでいると考えても良いのです。従って、この方などは、改善がしにくいのです。ですから、他の方々に対し、私のことなどを紹介する方が、一番改善しやすいのかも知れないのです。理由は別として、自分自身を守るために、他人を落とし入れようなどと考えない事が大事なのです。

ところで、極端に改善しにくい方の場合には、自分自身の心の中では、改善したいと強く願っているのではあるが、心を素直に開放できない事が多いようである。どのような事かと申しますと、まず、感激した時や、悲しんだ時などに素直に涙が出てこない方、普段は絶対に泣かない方、心の中では泣くが、外見的には涙を流す事ができない場合などがあるのです。つまり、心の緊張を開放する事が、少ない場合などがあげられるのです。更に、涙を流す事ができる環境になかった場合(特に幼少期に両親などの虐待などがあり、泣く事を禁止されていた場合など。)や、現在も、涙を流して泣ける環境ではない場合などには、改善はしにくいようなのです。従って、心のあり方で、同情心や、愛について私が強調している事が理解できるはずです。なお、涙は、血液の一部である事が、判明している事からも考えてみれば、たびかさなる様々な緊張から、血液自体もまた、病気と同様になっていて、正常なる働きができないものと考えられるのです。

改善しにくい方の場合には、理由は別として、自分自身の自然治癒能力や、行動に対しても、信頼をしていない事が多いようなのです。この方々の場合には、他人をもまた、信頼できない事が多いので、特に注意が必要なのです。幼少期に、虐待などを受けた経験がある場合や、両親が、どちらかでもいじめられていたり、ないがしろにされている事を目撃していたりする場合には、警戒心が、何に対してでも極端に強くなっており、簡単には、例え、誰に対してであっても、心を開く事はできないようなのです。この方々の場合、心を開こうと努力すると、過去にあった体験に関連するものと思われる現象に類似する、極端なる恐怖体験をするので、治療をする側も、なぜ、恐怖体験をするのかなど理解をしてあげて、更なる、愛を持って対処し、細心の注意を払わなければならないようなのです。

また、全ての方々ではないが、方々の治療院はもとより、方々の病院などにかけもちで通院している場合などには、悲惨な状態や結果になる事が多いようなのです。理由としては、どこの治療師であろうとも、医師であろうとも、信頼をしていない事になり、自分自身の事もまた、信頼しているとは言いがたいようなのです。この方々の場合には、他力本願であり、自分に原因があるにも係わらず、認めて、受け入れようとしていない事になるのです。また、誰であっても、自然治癒する能力を持ち合わせているにも係わらず、自分の本来持ち合わせている自然治癒力などは、全くないがしろにしている事が多いようなのです。

また更に、私が、愛や、心のあり方により、改善する度合いが異なる事、いちじるしく物事や、物に対しての執着欲がある場合や、相手を認めて許す事ができない方の場合には、例え過去の問題であっても、現在の問題であっても、著しく好転反応らしき現象に悩み、そして、苦しむ事があるし、改善しにくい場合があるのです。と、説きながら、天啓気療を実施しているにも係わらず、貴方は、改善すると言っていたが、自分は改善しないのであるから、貴方はうそをついていると、攻撃をする方が稀ではありますがあるのです。このように、相手を攻撃する方の場合には、著しく悩み苦しむ事があるので、注意が特に必要と思っています。この方の場合には、後日取り返しのつかない事が起こり、想像を超えた現象を体験する事になる場合が多いようである。

例え、その攻撃をした方が、本人の家族や友人であろうとも、同様となるようですから注意が必要なのです。このことは、家族も、友人も、縁ある方は、同じ意識のあり方や、愛のあり方であることが判明するのです。更に、私は治らなかった。と、後になってから攻撃をしたとしても、同じ結果になるようなのです。なぜなら、この方々は、心の中に、以前より、このような、攻撃する意識を潜ませていたと考えるべきなのかも知れないのです。従って、改善がしにくかったのです。ですから、心のあり方や、愛のあり方について、もう一度考えてみるべきことなのかも知れないのです。また、知り合いの方などに、例え誰の事であっても、「どこどこのあの人は良くない。」等と触れ回る場合などには、全くもって問題にならないのですから注意が必要なのです。

特に改善しにくい方の場合は、治療を始まる前に好転反応らしき現象がある事を話しているにも拘わらず、後日になり、好転反応らしき現象がひどいなどと述べる方である。つまり、好転反応と思われる現象が、病気などの急激な改善には必要不可欠であると説明をしているにも拘わらず、楽をして病気などから逃れようとしていることがわかる。病気などになった原因は、ほとんどの場合、本人の心のあり方や、周りの方々などの心のあり方などが、自然の法則に即していない状態であったため、過大なるストレスとなり、精神的及び肉体に影響を与えているからであり、それに対して天啓気療を施した場合、自然のあるべき姿の状態に急激に変化させ戻そうとするため、発生する一過性の現象、それが、好転反応と思われる現象なのですから。この方々の場合、病気などの原因は、自分の心のあり方自体にあることを認めたくないと言う意識が、隠れた状態なのかも知れない。また、その反対に、好転反応らしき現象がないから貴方は嘘を言っているなどと、攻め立てる方と言っても良いようである。なぜなら、この方々は、自分自身の心のあり方、環境や行動などには目もくれず、自分の考えそのものを押しつけてしまおうとしていることが判明する。要するに、自分の事柄の責任を他人に押し付けて、正当化しようとしていることが判明するのです。

何故そのような事があるのかははっきりしないのですが、領収書を要求した場合もまた改善しにくいようなのです。領収書の場合は、料金を支払ったのであるから、領収書の要求は当然と考えられる。しかし、領収書を要求をした方の場合は、特に改善しにくいようなのです。この領収書の件については、もう一度真剣になって考えてみなければならないのかも知れない。