線維筋痛症は初期症状でも専門病院,薬,漢方薬でも治る事がないチェックの困難な難病だが天啓気療なら線維筋痛症でも治るだけでなく完治も,東京,東京専門,東京都,東京都内,東京都大田区大森西

線維筋痛症は改善する,気功に対する様々な解釈・1

線維筋痛症は容易に確実に改善する

気功療法,気功治療,エネルギー療法に優る効果と実績の天啓気療院 気功治療にもあらゆる療法にも優る天啓気療

気功,気功教室,気功師,気功整体,気功治療,気功ヒーリング,気功,脳性小児麻痺,気功,サイトマップ
線維筋痛症は改善する,北沢勇人の挨拶 天啓気療とは 天啓気療の治療体験談集
天啓気療が気功治療などに優る訳 好転反応について 気功治療などと天啓気療の違い
天啓気療の最も注目すべき点 治療師を選択する際の注意事項 天啓気療に対する質問
優れた能力者を簡単に選択できる方法 病気に縁がないように注意する事柄 病気とは
天啓気療に対するお客様の感想など 線維筋痛症の改善について 書籍の出版のご案内
天啓気療を受ける間隔について 天啓気療の治療方法について 自律訓練法の方法について
北沢勇人のプロフィール 私の病気体験から 脳性小児麻痺の改善について ランディングページ

 

 

気功の意味についての考え方は個人によって異なって解釈されているものであるが、ホームページなどから抜粋し代表的な表現内容及び考え方などを示すので参考にして頂きたい。
 

 気功とは

 最近、西洋医学の研究者、臨床医の間で、予防医学や自然治癒力、免疫力を強化することの重要性が論議されており、その観点から、漢方薬、鍼灸に象徴される東洋医学や、気功やヨガによる「自分で行う医療」が大変注目されています。

 「気功」とは「気」(生命エネルギー)によって、自己の免疫力、治癒力や調整力を高めて、健康のレベルを上げ、「自養其生」(みずからその生命を養う) することをめざす健康法です。

 気功のふるさとである中国では、気功の原点である自養其生の精神が受け継がれ、日常の養生法が生活に密着しています。食べ物や生活態度などによる健康法の実践とともに、朝早く公園で太極拳や気功などを練習する人たちがあたりまえに見られます。

 最近の研究では、気功を半年以上練習すると、身体的、精神的な状態が同時に改善していくことが確認されています。 また病院でも、患者が気功を始めることによって、病気に対する姿勢が前向きになり、痛みが軽くなったり、病気に対する自然治癒力が強化されてくることが分かってきました。

 気功を練習すると、 まず床をしっかり踏み締めて立てるようになります。 「大地を踏みしめて生きる」、「大地に根を張って生きる」、自分自身でしっかり立てると、心理的にも身体的にも安定してくるのです。 風雪に耐えて大地を踏まえて立っている大樹のように生きたいものですね。

 

 気功とは

 気功には内気功と外気功の二種類があります。基本的に人の気の流れをよくするものが内気功です。

『気』とは誰もが持っています。しかし気功を使えるのは修行をした人やなんらかのショック(事故など)使えるようになった人です。

私も最初気が使えるようになりただ使っていましたがやはり勉強が必要です。私の場合臨死体験により経験から習得したものです。

気にも種類がたくさんあると思います。それは何故かと言いますと人それぞれが違う事と同じです。自然の木も名のとおり大地と太陽の気を浴びて気を発しています。森の中が気持ちが良いのは自然の気が満ちているからです。

森林の木にもあらゆる種類があります。そして色々な木が発する気でとても気持ちよくなるのです。考えてみてください。一種類の木ばかりなにったらどうなるか?バランスが壊れてしまいます。それが自然界だけでなく杉や檜の花粉アレルギーという形で人間にも影響します。動物達も森の木の実がなくなり食物連鎖も壊れてしまい野の猪や猿までもが人里に出現するのです。

ちょっと話がそれてしまいましたが気には多くの種類があるという事も知っておかなければなりません。

そして一般に言われる『気功師』とは気を出したり止めたり相手の気をコントロールする事が出来る人たちです。気功を受けて『全く効かない!!』と憤慨する人もいますがそれは仕方のない事ですことわざで「あいつとは気が合わない!!」って言われるように気が合っていないからです。つまり波長が大事なのです。

相手に気を合わせるという言葉のように相手の気を読みあわせて放出しなければなりません。ですから気功施術を受けてもらう場合色々な事をお話をして受けてもらう事がいちばんです。

私の場合気の出方が普通よりも強すぎるので気を当てる場合逆にセーブして気を当てる事になります。わかりやすく言えば普通の方が12ボルトで私の場合極端に高く80〜100ボルトぐらいになります。ですから弱っている場合6ボルト程度に一気に100ボルトを流すわけにはいきません。その時の人に合わせた気を流す事が必要ですのでまず気質診断が必要です。

我々は「気」という言葉を日常生活の中で無意識のうちに使っている。例えば、気分、気持ち、気力、元気、殺気…。しかし、「気とは何か」と改めて説明を求められれば、大抵の人は途方に暮れてしまうだろう。 ここで述べる「気」とは、上記のような情緒的な概念とは区別されるべきものである。さしあたり簡単に定義すれば、「自然を成立させている生命や物質のエネルギー」となろう。
 
さて、気功とは、体内の気を調節することにより、本来の状態を回復する健康法のことである。人間の体内の気が調和していれば健康であり、停滞などの不調和が起きれば病気となる。それゆえ、健康の維持や回復の為には気の調和が必要であり、気功法を行うのは有意義なことである。

気は生命を生命たらしめている宇宙の根源的な力、宇宙に遍満するエネルギーで、訓練次第で見たり感じたり出来ます。気功とは気というエネルギーの制御方法です

気功という言葉は、1950年代に中国の劉貴珍氏が使用して広まりました。中国語で「功」とは“鍛錬”の意味で、「気功」とは“気を伴った鍛錬”です。気の修練法は数千年の昔からありましたが、呼称は様々です。調身・調息・調心の三要素を備えた修練法は全て気功といえます。

硬気功 ─ 武術気功
軟気功 ─ 道家気功(道教気功)・ 儒家気功(儒教気功)
       仏家気功(仏教気功)・ 武術気功(太極拳など)
 

 気功の歴史

 今、 判っている気功に関する最古の資料は、4000年以上前とみられる新石器時代の壷に描かれている「亀の呼吸」を真似している人の絵です。 古代の人達は舞踊の動きにより健康を維持していました。これが気功の「動功」に発展していったと考えられています。

 右の図は前漢初期(紀元前2世紀)の馬王堆漢墓で出土した絵の一部ですが、内気功のポーズを描いたものです。

 前漢時代に書かれた「導引図」は気功の原典といわれています。導引というのは態経鳥伸(ゆうけいちょうしん)などで行う治療・養生法で、関節、体の屈伸や動作、摩擦、呼吸などで体を整えて、健康で長生きするための、体系化された保健法です。

 紀元前202年〜紀元後8年に書かれた中国最古の医学書「皇帝内経」の中には「気」が病気といかに深い関わりを持つかが詳しく書かれています。

このように2000年前に気功は、整理、体系化されて、広く人々の間で行われていました。

 
この後、漢代に「傷寒論」を記した名医・張仲景や、保健運動「五禽戯(ごきんぎ)」を作り出した華侘(かだ)等により有効な治療法として用いられて今日まで受け継がれてきました。

 気功という名称は、意外に新しく、1957年に劉貴珍が「気功療法実践」という本の中で、「気功」という名称を使ったのが初めです。戦後中国政府の医療事業の一貫として「中西医合作」(中国の伝統医学と西洋医学とを合体させる)の方針の下、気功を含めての中国医学が見直され、気功も体系化されました。

 その後、文化大革命で旧来の物として、気功術も批判、弾圧を受け、一時衰退しました。 しかし文革の治まった後、法輪功騒動といった逆風はあったものの、整理、体系化された気功法が一般大衆に受け入れられて、再び隆盛をむかえています。

 

気功の種類

 気功は元来、医療気功(仏教、道教等の宗教気功を含む)としての「軟気功」と、武術気功としての「硬気功」とに大別されますが、ここでは健康を目的とした軟気功を中心に説明していきます。

 軟気功は、 「内気功」と「外気功」とに分けられます。
 「内気功」は自分で行う養生気功です。 それに対して、内気功で養った気の力を外に出して、他人のために気を与えるのが「外気功」です。

 中国の病院では内科、外科と並んで「気功科」がありますが、気功科では、患者に外気功を施す一方で、 患者が自分で自分の気を養っていく方法(内気功)を教えています。

 気功法の種類は非常に多く、現在、中国で2000を超える流派があると言われています。 中には一見すると体操のように身体を動かすもの(動功)や、 座禅のようにじっと動かないで行うもの(静功)があります。そのほか自分をマッサージしたり叩いたり、特殊な呼吸法を用いるものもありますが、その目的は基本的には同じで、身体の中で気を整え巡らせ、 病気の原因となる滞りを除くことです

 

気功の効果

 最近、さまざまな臨床実験や研究論文で、気功による健康への効果が報告されています。
たとえば、気功により呼吸器系、心臓、循環器系、消化器系など全身の機能を調和させ、健康にすることが可能であるとか、気功をしている時の脳波、皮膚温度などを測定すると、必ず何か変化が現れるといった事です。

 また中国や台湾の都市の公園では、 地域の人が集まって保健のための気功をしているのをよく見かけます。中国4000年の歴史の中で健康への効果が実証され受け継がれてきたものです。

 こういった生理的な効能の他に、最近では気功による人体への生物化学的な効能についての研究もなされています。こういった科学的な研究成果が今後期待されます。
 癌治療で有名な帯津良一先生の病院では、西洋医学による治療に加えて、 患者の「自己治癒力」増大や心理的安定のために、気功を取り入れて効果をあげています。このように人間を全体が有機的に関連したシステムとしてとらえ、西洋医学と、気功を始めとした東洋医学を併用して医療を行おうという「ホリスティック医療」は、今後、益々進歩し、発展して行くものと思われます。

 

気功の効果

中国最古の医学書「黄帝内経」には、気功の効果について

1.病気の予防
2.病気の治療
3.寿命を延ばす

と書かれております。

気功は、

1.調心(リラックスした状態での精神集中:入静)
2.調息(呼吸を整える)
3.調身(姿勢を整える)

という三つの要素で構成されており、これらの要素を組み合わせた功法を続けることにより、以下のような様々な効果が現れてきます。

 

気功の効果

1.免疫力を高め、自然治癒力を増強する。
2.リラックスすることにより心身のストレスを取る。
3.経絡の通りを良くして、気血を調和させる。
4.大脳皮質の興奮を和らげ、内臓の働きを良くする。
5.自律神経のバランスをよくする。
6.基礎代謝を低下させて、エネルギーを貯える。
7.腹部の刺激により、消化吸収を活発にする。
8.様々な潜在能力を開発する。


 このような効果により、心身の健康が実現するのです。 ただ、気功は大変効果がある反面、誤った理解・適用を行うと危険でさえあります。大事なことは、 個々の人々に合わせて功法や意念の正しい適用と見極めのできる、信頼できる指導者の下で自分にあったものを見つけて実践することです。

 私の場合、静功と動功をバランスよく取り入れた中国禅密気功と、技術、人柄に優れた朱剛先生に出会えたのは大変幸運だった気がします。ここでは、特定の功法、流派にとらわれないで、出来るだけ幅広く紹介していくつもりですが、禅密気功による健康法からご紹介したいと思います。