繊維筋痛症治療,繊維筋痛症効果,気功術,気功とは,気功師,気功整体

書籍・線維筋痛症は改善する
繊維筋痛症が発症する原因

書籍・線維筋痛症は改善する,サイトマップ

 

 【繊維筋痛症が発症する原因】

 線維筋痛症が発症する原因は、まだ未解明とされています。アメリカなどでは、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり、痛みを増幅させているのではないかと考えられているようです。しかし、はっきりと判明していることではないのです。また、肉体的・精神的ストレスや事故、手術などが引き金となって発症するのではないかとも言われております。要するに、線維筋痛症が発症するきっかけや原因については、現在のところ不明であり解明されていないとされています。

 中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり、痛みを増幅させているとの説や、脊髄内の末梢からの痛みの伝達を抑制する仕組みがストレス等により機能低下するとの説などが述べられています。また、強い痛みが続くと、中枢神経細胞内に痛みに反応する遺伝子が発現し、特殊なタンパクが生成されることが実験で証明されているようなのです。その他には、脳内の神経細胞(ニューロン)が電気信号を使って情報伝達する時に、何らかの異常が起こる場合や、神経細胞の遺伝子が変異して書き換えられるという説なども述べられています。更には、細胞の器質的(眼に見える病変)などの問題ではなく、機能的(細胞の働きや活動に異常)な問題であるなどとの説が述べられています。

 その他には、遺伝的な要因や、なんらかの免疫異常がかかわっているとも言われているようです。更に述べると、自己免疫疾患から発する場合にも、単一抗体は確定していないようであり、交感神経のバランスが崩れ、必要以上の緊張を発生させ、血管などの収縮により虚血状態となった筋肉が酸欠状態になることで激しい痛みが発生する、緊張性筋炎症候群が併発している場合などもあると一般的には述べられています。

 現在においては、器質的な原因として『グリア細胞』が有力視されているとも述べられています。また、ニューロン(痛みを感知するニューロン)を過敏にしているのは、グリア細胞と呼ばれる脊髄や脳にある別の細胞の働きによる事が分かってきているとも述べられています。グリア細胞については、脳へ疼痛シグナルを送るDRGと脊椎ニューロンを敏感にする様々な分子を放出しているとされ、グリア細胞の異常な活発化は、ニューロンに対して栄養を与え過ぎて活動を促進させ、発火させる重要な役割を担っていると同時に、神経の異常な過敏状態を長引かせて悪循環を起こす原因になっているとも述べられています。要するに、現段階では、何が原因で発症しているのかがはっきりしているとは言えない状況なのです。

 私の考えでは、線維筋痛症の発症する原因については少し変わっております。私の処に来院する方々を注意深く観察し、聞き当たったところでは、必ずと言って良いほど、当人に取って耐えがたい程の体験を過去に経ていることなのです。その体験した事柄が、心に与えるショックが大きく耐えがたい状態になり、そのようなショックがあった場合においては、通常の場合、心の悩みとして表れてくるのが一般的なのですが、繊維筋痛症を患う方々の場合には、最初に心の悩みとして表れてもきますが、その後、肉体の痛みとして表れているようにも感じます。

 つまり、精神的に悩んで患っている方々と、繊維筋痛症の痛みとして悩んでいる方々との違いは、精神的に悩んでいる方々のように、容易に心の悩みが元でこのような状態になっている、と判断するのは難しいものです。しかし、よくよく聞きあたり観察を実施することにより、線維筋痛症が発症した原因が判明いたします。当人にとって、様々な耐えがたい程のストレスによって精神的な事柄にも悩んでいるのですが、痛みとしても意思表示をして、ストレスを解消して助けてほしいと訴えていることが分かります。

 発症する原因として挙げれば、次に挙げるような事柄があることになります。例えば、当人にとって大事な方との決別や永遠の別れ、当人の力量を超えた様々なストレス、虐待やいじめ、交通事故などの痛みや恐怖、外科手術、歯科矯正治療、出産など、更には、男女間の仲違いや、離婚など多種多様な悩みなどがきっかけで発症していることになります。要するに、精神的な事柄に対してのストレスが原因で発症すると言っても過言ではないことが分かります。ですから、ストレスと称されている全ての事柄が発症の原因となっていると言っても間違いではないのです。

 ところで、肉体の異常により発生すると思われがちな腰痛などの場合にも、はっきりとした原因の特定ができるものが十五パーセント程度であり、残りの八十五パーセント程度がはっきりとした原因が分からず、度重なる様々なストレスが原因であるなどと述べられています。しかも実際には、腰の部分の異常などではなく、痛かった状態が続いたことにより、また腰痛により悩まされるのではないかとの恐怖が脳内にストレスとして蓄積され、そのため、腰痛が続いているものとして勘違いを起こし、痛みとして感じているものと一般的には理解されています。線維筋痛症の場合であっても、この腰痛の場合と同じで勘違いが起こっている、と考えても間違いではないと思います。

 ですから、原因が分からない腰痛の場合であっても、線維筋痛症の場合あっても、精神的な事柄が影響を与えていることが多いとも言えます。多いどころか、私のところへお越しになった方々をみていると、全てが度重なるストレスが原因で発病していると言っても言い過ぎではないのです。だからこそ、西洋医学などにて用いる薬剤による治療では、納得が得られるような改善などは期待できないことが多いのです。また、この様々なストレスによって発病したと思われる線維筋痛症の場合、その他の治療法を実施しても改善しない理由が理解できます。だからこそ、唯一改善の方向に導くことができる方法は、ストレスの解放を促し、更には、癒すことができる天啓気療が良いのです。

 西洋医学などでは、発症した原因を突き止めたとしても、改善させることは難しいのです。それは、一般的に言われている精神的な悩みに対しての治療には、精神を落ち着かせる薬などを処方しますが、改善が期待できず悩んでいる方々が多いのです。ですから、繊維筋痛症の場合においても、精神的な悩みの場合と同じで、原因が判明したとしても改善させることは難しいのです。ところが、私の場合、手をかざすと言う、昔から珍重されてきた治療法を駆使するので、改善したり、完治したりするのではないかと考えています。

 尤も、私が行う治療の方法は、精神的悩みに対して絶大なる結果を望める、精神世界に言う、魂を癒す治療法なのですから、線維筋痛症に対しても良き結果が期待できるのかも知れないのです。要するに、精神的な悩みを開放するのですから、線維筋痛症の場合であっても改善するのは、当然と言えば当然なのかも知れないのです。要するに、解放すると言うより、癒すと言った方が良いのかも知れないのです。

 

 

書籍・線維筋痛症は改善する,パソコン版

気功やレイキなどに優る超能力が実感できる天啓気療

線維筋痛症であっても改善効果を実感できる