書籍・線維筋痛症は改善する
線維筋痛症に悩まされる方の性格

書籍・線維筋痛症も改善,サイトマップ

 

 【線維筋痛症に悩まされる方の性格】

 線維筋痛症が発症する要因には、一般的には太陽神経叢と呼ばれ、第三のチャクラであり、へその周辺部にあるとされる、マニプラチャクラと述べられている場所に関係しているように感じます。

 チャクラとは光の輪と言う意味で、人間には、東洋医学などにて言う経絡の根幹集合部が七か所あります。その部分をインドの言葉(サンスクリット語)ではチャクラと表現をしています。チャクラには、場所によって個々様々な機能や特徴があり、その機能や特徴が互いに影響を与え合いながら活動をしています。また、チャクラは、肉体から発する気の次元のエーテルエネルギーとしては、全ての方が活動していると言われています。この気の次元のチャクラが活動を停止した場合は、死そのものを意味しているのです。

 太陽神経叢と呼ばれ、第三のチャクラであり、へその周辺部にあるとされるマニプラチャクラの働きとして、消化器系臓器、特に胃系や脾臓系のコントロール、感情、想像や心のあり方のコントロール、外部よりの様々なエネルギーに対する超感覚的コントロール、視覚のコントロールなどが特徴として挙げられています。ただ、ここのチャクラの特性として、感情、想像や心のあり方の機能が外部よりの様々なエネルギーの影響を受け、感情が豊かになるのは良いのですが、心の在り方が不安定になり、感情や想念、さらには、妄想や空想においても心の混乱を生ずる場合があるので、注意が必要とされています。また、心の不安定だけが生じるとは限らない面もあります。それは、線維筋痛症やアトピー性皮膚炎に悩まされる場合のように、肉体的に痛みやかゆみなどとして現れることもあるからです。

 ここのチャクラが、不安定ではあるが、ある程度他のチャクラに優先して活動をしている方の場合には、周りにいる方々の性格や感情をある程度読み取れるのです。その読み取ったエネルギーによって、自分自身が考え過ぎてパニックを起こす事が多いのです。肉体的(出産など)精神的ストレスや事故、手術などが引き金となる場合などもあります。この様々な現象の中に潜む痛みなどに対しても極端に反応が生じ、パニックを起こして痛みとして現れているようにも感じます。よって、線維筋痛症に悩んでいる方の多くは、精神的事柄にも悩み苦しむことになるように感じます。要するに、精神的不安定も、線維筋痛症の痛みに悩まされるのも、表裏一体であり、発症する要因もまた表裏一体と考えられます。

 この事柄には、自分自身では気付くことは少ないのですが、自己愛が特に強く働いている場合には、それに対して非常に激しい感情の乱れが生じてきます。自己愛が強ければ強い人ほど、感情や心が不安定であり、不満足で、そして、それに反して、相手を愛する事ができない場合が多いようであり、よって、いつまでたっても感情や心のコントロールができない事が多いのです。何時までも自分の事のみに執着していると、病気を改善するために最も大事な感情を鎮める事もできず、本当の意味での自然の法則に即した自然なる愛の感情をも失い、さらには、制御しコントロールする事もできなくなる事があるので注意が必要なのです。

 精神的な悩みなどや、線維筋痛症などで私のところを訪ねてくる方のほとんどの方は、このチャクラがある程度活動しているか、外部からの様々な圧力的エネルギーによる影響を受け、感情や心の安定が得られなくなっている状態である事が分かります。自分自身の意識のあり方に対して確固たる確信がもてないため、必要以上に自分勝手に様々な些細な事を想像にて造りだし、その自分自身で造り出した些細な事柄に対して反応し、ストレスを造り出している場合もあるのです。

 どのような事かと申しますと、このチャクラの特徴である外部からの様々な精神的、そして外圧的エネルギーの影響があり、さらには、想像にて造り出した些細な外圧的エネルギーに対して反応をし、対処しきれず、恐怖体験として表面化してきてパニック状態となっている事が分かります。この恐怖体験についても、やはり、過去にあった様々な恐怖体験を思い出しているに過ぎないのです。またさらに、自分の想像にて造り出した些細な事におびえてパニック状態となっている場合などもあるのです。通常このような場合には、精神的な悩みとして現れるのですが、線維筋痛症のような痛みとして現れる場合もあると思われます。

 幼少期に様々な形で受けた虐待や虐めなどが影響している場合が圧倒的に多く、この方々が改善する時には、必ずと言ってよいほど過去にあった事柄を思い出し、涙を流しながら泣く事があるのです。涙を素直に流した方の場合には、様々な悩みから解放され、極端なほどに早期に改善するようです。よって、涙を流せる素直さがある場合には、改善が早いのです。その時私は、貴方を虐めたりする方もまた、誰かを虐めてうさを晴らさなければならないほど環境状態が悪く、そして、かわいそうな方であったのだから、その過去やその方の事は認め、そして許して、貴方は絶対に同じ事をやってはならない、と諭すと即座に快方に向かうのです。

 現在においての生活環境においても、様々な外圧的エネルギーに対するストレスに対しても、同様な事が認められます。外圧的エネルギーとは、恋愛などの失敗や仕事による失敗など、様々な失敗も含まれるようなのです。噂話などの些細な事であっても、ストレスとして影響を受けている場合もあります。そして、不思議な事ではありますが、このような事でと思えるような、自分自身の想像にて造り出した些細な事なども、ストレスとなる事が現実として結構多くあるように感じます。

 過去の事を認めて許す事ができずにいる場合には、様々な得体の知れない恐怖に襲われ、想像もできないほど苦しむ事があるのです。自分自身の想像にて造り出した些細な恐怖であっても、同様の事が現実としてあるのですから注意が必要です。また、ここのチャクラの特徴から、脾臓系に関する胃や腸の病気などになりやすいようにも感じます。要するに一般に言われている胃が痛いとか、便秘になるとかです。更に、パニック症やひきこもり、月曜病や登校拒否、うつ病なども同様のような気がするのです。勿論、線維筋痛症の場合も痛みとして現れていますが、同様と思われます。

 ところで、認めるとか、許すとはどのような事か述べておくと、まず、認める事も許す事も同じ事として考えてもよいような気がいたします。それは、受け入れるのみであって難しい事ではないのです。例えば、笑って過去にこのような事があったと認めれば良いのですから、簡単な事なのです。それで、認めた事にもなり、許した事にもなるのです。とは言うものの、簡単には認めがたく悩んでしまう方がほとんどと言っても言い過ぎではないように感じます。よって、好転反応と述べられる現象にも悩むことになるのです。

 なお、よく言われるのですが、他の方々が発する感情的エネルギーに反応をし、自分自身には全く関係がないにも拘わらず、自分に対しての精神的重圧として受け止め、パニックとなり、精神的な悩みによる精神の不安定となって表れることや、線維筋痛症のように痛みとなって現れることが多いのですから注意が必要です。他の方々から見たなら何でもないことが、本人にとっては重大なる事として受け止めるのも、ここのチャクラの特徴であると自覚すべきです。

 また、マニプラチャクラが、他のチャクラに対して優位に活動しているのではあるが、下部に位置するスワディスターナチャクラの特性「動物本来の本能のままに働くチャクラ」により近い状態にて活動している場合には、精神的に未熟であるため、自分の命さえ絶とうとする場合もあるので注意を払わなければならないのです。安易に考えていると、自殺さえしかねない状態に追い込まれてしまう場合もありますので、痛みに悩んでいる当人だけではなく、周りの方々も注意をしていなければならないのです。

 

 

書籍・線維筋痛症は改善する,パソコン版

気功や気功治療,レイキなどに優る効果を実感できる天啓気療

線維筋痛症であっても改善効果を実感できる