書籍・線維筋痛症は改善する
線維筋痛症の概要

書籍・線維筋痛症は改善する,サイトマップ

 

 【線維筋痛症の概要】

 全身の耐え難い恒常的な(慢性的、持続的に休みなく続く)疼痛を主な症状として、不眠、全身の疲労感や種々の症状をともなう疾患であると述べられています。症状が進行すると常時激しい全身の疼痛に苦しみ、僅かな刺激(爪や髪への刺激、服のこすれ、音、温度・湿度の変化など)で激痛がはしり日常生活が著しく困難になります。首から肩にかけての痛みやしびれ、上肢の痛みやしびれ、腰背部の疼痛やこわばり感、臀部から太ももの痛みと張り感、膝から下腿の痛みやしびれ、眼の奥の痛み、口腔の痛み、頭痛などの様々な疼痛症状が起こります。これらは対称性にでるとは限らず、全身に散在して出現することもあります。

 それに伴う症状として、こわばり、不眠、疲労感、全身の倦怠感、だるさ、頻尿、下痢、月経困難、生理不順、過敏性腸炎、リンパ節の腫れと痛み、微熱、ドライアイ、筋力の低下、運動能力の低下、筋肉の激しい疲労、むずむず脚症候群、起き上がれない、歩けなくなるなどの身体症状、悪夢、焦燥感、不安感、憂鬱感、理解力・思考力の低下、集中力欠如、などの精神的症状、あるいは、全身のこわばり感、冷感、四肢のだるさ、頤神経麻痺、関節痛、レイノー現象、日光過敏症、脱毛、シェーグレン症候群、自覚的な関節の腫れなどの、膠原病の症状を訴える患者もおります。

 精神的および身体的ストレス、気候、環境によって疼痛箇所が移動したり、疼痛レベルが変化することもあります。原因が不明であり患者に外傷がないため、痛みが理解されず、しばしば怠け病や詐病と周囲に誤解されることがあります。患者はたらい回しにされ仮面うつ病、更年期障害、自律神経失調症と誤診される場合も多いようです。痛みのため寝たきりになり、働くことができず、失職したり、経済的に困窮して日常生活が送れなくなる患者も少なくないのです。

 この線維筋痛症は「死に至る病ではないのですが、死んだ方がマシな程の痛み」と表現されるように、患者には早急に社会的理解と介護及び支援が必要ですが、要介護認定で該当判定されることは稀で、難病(特定疾患)未認定及び保険適用外なのです。しかし欧米では早くから保険適用と認められ、ごく一般的な疾患として扱われているのです。

 現在厚生労働省が線維筋痛症研究班を立ち上げて調査を行っている現在、厚生省の方針(予算の都合)、学会での論争などにより調査継続の見通しは立っていない状況にあるのです。

 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)は、全身に激しい痛みが生じる病気であり、英語ではFibromyalgiaもしくは Fibromyalgia Syndromeと呼ばれています。略語はFMS(FibroMyalgia Syndrome)が使われることが多いのです。原因は不明であり、通常の医師が行なう血液検査では異常が現れることはないとされています。CTスキャン、MRIを用いて検査をしても異常が判明することはなく、この病気が診断できる特別な検査は今の所はなく、治療法も確立されていないのが実情なのです。そのため、ドクターショッピングを行う疾患の代表にも取り上げられるほど厄介な病であると言えます。この病に悩む方の割合は、男性より女性が七倍と多く、中高年に発生率が高いと言われています。しばしば膠原病などの自己免疫疾患と併発することもあります。

 線維筋痛症により悩まされ、私のところに訪れる方々に聞き当たると驚かされるのは、長年の痛みに悩まされ、自殺を考えていたと言う方が想像するよりも多いのです。よくよく聞いてみると、病院で診察をしてもらっても、何処にも異常が無いのだから、貴方は、仕事をしたくないから痛いと言っているのではないかとか、何度も何度も痛いというものだから、来てほしくないなどと嫌味さえ言われてしまうことなどがあり、だからと言って、痛みが改善する訳ではなく益々痛みが増してくるので、希望も何も無くなってしまうと話す方が多いのです。その痛みから逃れるため、様々な治療法を試したのですが改善が見られなかったので、益々希望が持てなくなっているようにも感じます。そして、私のところを訪れ、こんなに簡単に改善するのならもっと早く来るべきだった、と言う方が全てと言っても言い過ぎではないのです。

 

 

書籍・線維筋痛症は改善する,パソコン版

気功やレイキなどに優る超能力が実感できる天啓気療

線維筋痛症であっても改善効果を実感できる