書籍・線維筋痛症は改善する
線維筋痛症の診断方法

書籍・線維筋痛症も改善,サイトマップ

 

 【線維筋痛症の診断方法】

 線維筋痛症には明確な診断基準はなく、現段階では一九九〇年に発表されたアメリカリウマチ学会の分類基準を参考にしています。全身に十八箇所の圧痛点(ツボのようなもの)があり、四sの力で押し十一箇所以上痛く感じ、また広範囲の痛みが三ヶ月以上続いていることが条件とされています。十一箇所以上でなくても専門医の判断で線維筋痛症と診断されることもあります。ただし、症状が他の病気によるものでないことが条件になっています。要するに、他の病気があると線維筋痛症であるとの診断はされないのです。

 線維筋痛症であると判断する場合には、血液検査で抗核抗体の弱陽性あるいは補体値の低下など免疫学的な軽度の異常がみられる場合や、軽症の膠原病や膠原病の予備群、自己免疫疾患初期の場合があるので確実な血液検査と筋生検を行うなど、筋生検による筋炎(皮膚筋炎等)・血管炎・神経炎の除外などは言うまでもなく必要であると言えます。また、日本では線維筋痛症に悩んでいる患者の症状がアメリカなどに住む西洋人などと異なる点がある為、現在日本の分類基準の見直しが求められているようなのです。

 線維筋痛症の場合には、血液検査は勿論、レントゲン、CRPという炎症反応、筋電図、筋肉の酵素、CT、MRIなどを用いたりして検査しても異常な痛みが生じている原因を特定できずにいるのです。更には、線維筋痛症と診断できる検査方法なども現段階では全くないと言われているのです。

 そのため線維筋痛症に悩む患者の多くは診断されるまで、何箇所もの医療機関を何年にもわたってまわり続けることになってしまうのです。その際、医療機関の先生方から、貴方は痛いと言っているが何処にも異常が出ていないのだから、などと言われるので、益々自分の病気は何であるのか、この痛みは何であるかに対して疑いを深めていくことになるのです。そして、最終的には、改善が見込めないとして、心身共に悩みが深くなっていくのです。そのような事が長く続くことにより、例え誰であっても「線維筋痛症は改善する」などと述べても信用することができなくなってしまうのです。ましてや、医師免許を持たない私などが言っている場合には、なお更信用をして頂けないことが多いのです。

 

 

書籍・線維筋痛症は改善する,パソコン版

気功や気功治療,レイキなどに優る効果を実感できる天啓気療

線維筋痛症であっても改善効果を実感できる